2007年3月28日 (水)

クリニック・調整周期14日目

ココログ。
24時間メンテナンスって、有り得ないんですけど。
更にその間、投稿もコメントもできないなんて。
オフラインで都度、書いていたので、まとめてアップ。
時系列を設定できるって、それができるから便利よね。

ワタシの中の小さな命のカケラは、まだ少し残っていた。
数値で言うと0.8。
お腹の中での命は短かったけど、流れてからの生命力の強いこと。

昨日から、排卵痛らしき下腹部痛があって、今日は特に強い。
排卵するときの痛みだろうと思ってたんだけど、違うらしい。
現に、まだ排卵していなかった。排卵寸前と言うか。
排卵痛って、人によって原因は色々みたいだけど、
ワタシの場合、LHサージと共に痛むのかも知れない。
だとすると、排卵すると痛みが和らぐのかも。

ホルモン値が0じゃないので、また調整周期。
今日の夕方スプレキュア、
明日からプラノバール12日間と言う指示が出た。
ここで考える。昨夜の性交渉は有効だったんだろうか、と。
帰宅してから調べることに決めた。

7時35分に受付して30番台後半。
会計まで終わったのが10時25分。やっぱり3時間コース。
なんだか今日は激混みだった。8階は。
この間のテレビ放送とかの影響で、初診者が増えたんじゃないかな。
お会計に降りたら、8階の1/3くらいの人数しかいなくてびっくり。
いくら平日でも、あんなに人が少ない4階を見るのは珍しい。
8階組のワタシとしては。

下腹部が痛かったので、歩いて帰ることを悩んだけど、
途中で無理なようなら、バスに乗っても電車に乗っても
タクシーを捕まえてもいいや、と思って歩き出した。
途中数回、歩を止めるほどの痛みがあったけど、
結局歩ききってしまった。

今、早速調べている。
ネットと基礎体温表と、今までの指示プリントと、
”不妊治療はつらくない”を引っぱり出して。
プラノバールはもう飲まないと決めた。
下手すると、スプレキュアもしないかも知れない。
この下腹部痛が排卵前痛であることは明白だし、
内診で、排卵しそうな卵胞があったのも確か。
計ってくれなかったんだけど、自分でもなんとなく見えたし、
だからこそスプレキュアを処方されたんだろうし。
人工的に排卵をずらすより、排卵したいなら、
それで痛みが発症してるなら、自然に排卵させてあげたい。

来週期も調整周期。これは不幸中の幸いかも。
来週期も自然妊娠にチャレンジできるから。
夫の性交渉は割り切るしかない。
夫も同意してるんだから、今更反対はしないだろう。

ワタシの中の命のカケラ。
もしかして、新しい命の到来を待ってるのかも知れない。
バトンタッチしようとしてるのかも知れない。
ホルモン値なんかじゃなく、
ワタシの体が妊娠できる準備ができていれば、
自然と妊娠できるかも知れない。

この調整期間を、自分の、動物としての本能とか生命力とか、
そういうものを試す期間にしても良いかも知れない。
だから極力ホルモン剤とか使いたくない。
それが本音かな。

内診・血液検査・プラノバール12日間分 5,379円

クリニックから自宅まで、ゆっくり歩く 約1時間10分

| | コメント (9)

2007年3月27日 (火)

排卵検査薬

何年ぶりだろう。排卵検査薬なんて使ったの。
前回の、タイミングを図るだけの不妊治療の時以来だから、
7年ぶりとか?

その時、”高い割にはっきり反応しない道具だなー”と思った。
反応しないのは、ワタシのホルモンの問題だったのかも知れないけど、
当時、今よりずっとはっきり基礎体温が二層になっていたので、
検査薬の問題だと決めつけていた。
事実、3周期くらい使ったんだけど、
一度もしっかり陽性反応を見たことはなかった。

昨日、ウォーキングの帰りに買ってきてみた。
あの頃は、市販なんてされてなくて、調剤薬局で買ったっけ。
それにしても高いよねー。
まぁ、妊娠検査薬から比べたら、幾分安いけど。1本の単価はね。

さっき使ってみた。
妊娠検査薬は”1分以内に判定”だから、同じくらいだろうと思って、
トイレでじーっと見てたんだけど、全く反応無し。
”やっぱりなー”と思って、何気なく説明書を読むと、
”15分以上待って”と。そうだったっけ?
排卵検査薬は、逆に時間をおかないとダメなのね。
説明書は、ちゃんと読まなきゃダメダメね。

なんて思ってると、うっすらと反応してきた。
おぉ、なんか妊検と同じくらいドキドキする。
尿検タイプの検査薬って、どうしても妊検のイメージがあるから、
”お願い!”とか思っちゃうよね。

15分もトイレにいても仕方ないので、出てきてタイマーをセット。
15分後に見てみたら、なかなか綺麗にラインが出てる。
妊検なら、確実に妊娠してるぞ。

説明書の例と比べると、それでも若干薄いかなー。
でもまぁ、完全な陰性じゃないので、排卵は近いと思う。
って言うのも、昨夜寝る前トイレに行ったら
粘着性のオリモノが出たんだ。毎月あるんだけど。
おまけにちょっと茶色っぽい部分があったりして。
排卵期出血って、余り良くないんだよね、確か。
ほんの微量だったから、気にしてないけど。

とにかく、だ。排卵が近いことはこれで分かった。
とりあえず今夜辺りタイミングを合わせてみるか。
夫にも前振りしておかなきゃ。
正直ちょっと気が重いけど、これでできれば万々歳だし。
クリニックに行く前だけど、決めてたことなので迷いはない。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

思うこと

ワタシと夫の中には、多分、”2回も妊娠してるんだし”って意識がある。
一度は自然妊娠、一度は凍結胚盤胞融解移植。
方法は違っても、とにかく2回妊娠して、心拍確認まで至ってるって。
だから割と、不妊治療に対しても悲壮感や焦燥感がない。元々。

今月に入った辺りから、考えていたことがあった。
夫に話してみると、”良いんじゃない?お金がかからないし”と
ふたつ返事で同意された。
反対されるかな?って思ったんだけど、割とあっさり快諾された。
それは、自然妊娠を試みてみたい、ってこと。

鍼灸院に通い始めて、明らかに何かが変わった。
先生からも、”良くなってるよー”と毎回言われれ、
自分でも、体が反応してるのを実感できることが多々あったし、
何より気持ちに変化があった。
あれほど面倒臭がりで飽き性のワタシが、毎日歩いてる。
その歩くと言うことで、体だけじゃなく、気持ちが変わった。
軽くなったというか、前向きになったというか。
前回の鍼灸の後にも書いたけど、不妊治療のことを余り考えなくなり、
それよりも、青空を見上げながら、自然を眺めながら、
季節の移ろいを肌や目で感じることがとても心地よく、
特になんの変化もない日々だけど、毎日が穏やかで楽しく、
”誰か”に対しても思いを巡らせるだけの余裕まで生まれてきた。

そんな中で、自然妊娠にチャレンジしてみたいな、と、
今のワタシなら、自然に妊娠できるんじゃないか、と思うようになった。
鍼灸の先生が言うように、心と体が自然と欲することであれば、
試してみる価値はあるんじゃないか、って。

でも、ここ数日で、また考えが変わってきてる。
やっぱりベルトコンベアから降りない方が良いかな、って。
できるだけ早く子供が欲しいと願ってるのも事実。
そんな中、自然妊娠を試みることは、時間のロスじゃないか、って。
もちろん、回り道も無駄も、人生には必要なことだと思うけど、
こと妊娠に関しては、1日でも早い方が良い年齢に達してるし、
遠回りしてる余裕はないんじゃないか?って。

それと、これは根本的な問題で、
夫と性交渉を持つことにも躊躇がある。
夫は、それを分かった上で快諾したんだろうか。
自然妊娠するってことは、月に何度か性交渉を持たなきゃいけない。
それが分かった上で同意したんだろうか。

来週にはクリニックに行かなきゃいけないので、
それまでに方向性を決めなきゃいけない。
自然妊娠を試みるなら、治療を休むことを告げなきゃいけない。
まあ、試すとしても2、3周期だと思うけど。
夫も、”無駄に長くやってもしょうがないでしょ”と言っていた。
その点では、ワタシと夫の考え方にズレはない。

とりあえず、次の排卵だけタイミングを合わせてみようかな。
次の検診でホルモン値が0になっていたとしても、
採卵は次の周期からだと思うし、
そうなると、次の排卵は見送られることになるわけだし。
・・・って言っても、基礎体温がガタガタなので、
基礎体温からの判断は難しいんだけど。
オリモノの変化と、排卵痛と、本能(笑)で判断するしかないかな。

どうしようかな。今が考えどき。
色んな可能性や方向性を試してみたいと思ってる。
正攻法はひとつじゃないはずだし、決定権は自分達にある。
一番重要視したいのは、鍼灸の先生が良く言うように、
気持ちと体が自然と指し示す方向へ進みたいな、ってこと。
それが一番ストレスが少なくて、一番良い選択だと思う。
結果がどうであれ、納得できると思うし。
”とりあえず”って言うのも、ひとつの方向性かな。

最近、歩きながら考えたり、気持ちを整理することが多い。
歩く時間が、一番有効で、一番フラットな時間なのかも知れない。
悩むことさえ楽しいと思える。
やっぱりワタシ、ちょっと変わった。

| | コメント (2)

2007年3月15日 (木)

周期1日目

プラノバール服用終了から中3日。
判で押したようにさっき出血が始まった。
ホントに分かり易い体。

プラノバールを飲み終えて食欲が一時的に増し、
生理開始前日辺りから異様に眠くなり、気怠くなる。
さらになんとなく寒いというか、体温が下がったような感覚があり、
(実際には基礎体温的には余り変わらないんだけど)
それらの症状がピークになった頃、食欲が落ちて出血が始まる。
これが、プラノバール服用期のワタシの体のパターン。

明日は鍼灸院。
生理中に行くの初めてなんだけど、大丈夫だろうか。

昨日と同じコースを、
ちょっと体調が悪いので、ショートカットしようと思ったのに、
家の近くで道をロストしてしまい、
結局ショートカットの意味なく歩く 約1時間5分

| | コメント (0)

2007年2月28日 (水)

結論

晩御飯を食べた後、ずっと情報収集をしていた。
現段階で、プラノバールを服用することが良いのかどうか。
もちろん、医師を信用してないわけじゃないんだけど、
とかくワタシが通っているクリニックは、
通り一辺倒の治療しかしない、と批判する人もいるわけで、
自分で勉強して、取捨選択することも必要だと思うんだよね。

ネットで色々検索した結果、
プラノバールに関しての情報が色々ゲットできた。
”色々”って言っても、情報源はひとつ(ひとり)だったりするんだけど。
その結果、今期は指示通り飲むことにした。
ワタシの場合、採卵とか移植を控えてるわけじゃなく、
とにかくβhcgの値を0にしなきゃいけなくて、
それは、卵巣とか子宮の問題じゃなく、
なんらかの胎児側の組織(?)がまだ残ってるってことだから、
生理をちゃんと起こすことで、少しでも早くそれらを排出しないと、
結局治療再開を遅らせることに繋がる。
だとしたら、飲み終えたら確実に生理になるプラノバールの服用を
ためらう理由はどこにもない。今のワタシの状態では。

全てはhcg値が0になってからの話。
プラノバールの服用に関しては、寧ろその後(採卵や移植時)
敏感になるべきだと、情報収集をして分かった。
納得できる答えが出たから、さっきプラノバールを飲んだ。
今日から12日間、指示通りきっちり飲むことにする。
それが、今のワタシにできることだと思うから。

飲み始めの数日、また胃痛が起こるかも知れないな。
鍼灸院で、胃の噴門部分の荒れと、
十二指腸の虚弱を指摘されてるから、
相談してみるのも良いかも知れないな。

| | コメント (2)

停滞

生理周期12日目。指定されたクリニックの日。5時半に起きる。
ベッドに入ったのが3時過ぎだったから、正味2時間半しか寝てない。
自分でも、良く起きられたなーと思う。
普段は7時頃自然と覚醒するから、目覚ましってかけないんだけど、
久しぶりにかけたから、鳴ったとき、何の音だか暫く分からなかった。

夫の仕事が佳境に入っていて、毎晩帰りが遅い。
昨夜も、帰宅したのは0時15分頃だった。
夫が帰ってこないと、お風呂に入れない。
お灸のマークを書いてもらってからじゃないと消えちゃうから。
で、結局寝るのがそんな時間になってしまう。
でも、連日深夜の帰宅で疲れた体でお灸の印を書き直し、
ワタシがお風呂から出てくるのを待ってお灸してくれる夫に比べたら、
一晩くらい睡眠時間が短くたって全然平気。昼寝だってできるんだし。
ホント、夫には感謝してる。

7時25分頃クリニックに到着。20番台。
最近休日に行ってないけど、平日は大体同じような番号だな。
8Fに降りたのが8時20分頃。
内診はあっと言う間。卵胞の大きさも計らず。
”採血して結果を待って下さい”とだけ言われた。
採血を済ませて9Fに上がったのが8時半頃。
結果の表示が出たのが9時45分頃。結構待ったなー。
診察に呼ばれたのは、更にそれから30分くらい待ってからだった。
しかも処置室に。

いきなり、”えっと、プラノバールはダメなんですよね。
じゃあ、次の生理が来たらまた来て下さい。
妊娠ホルモンがまだ出てますので、次も調整周期になります。
14日目に来て下さい”と言われた。
カルテを見ると、”βhcg2.3”と書いてあった。

愕然としてしまった。頭が真っ白になってしまった。
3月末の次の排卵期には採卵できると思っていた。
それが、採卵どころか、流産してそろそろ3ヶ月になろうというのに、
まだ妊娠ホルモンが出てるなんて・・・。
もしかして、何か違う病気とか?絨毛系の。
大体妊娠ホルモンって、こんなに長く残るものなんだろうか。

辛うじて、”プラノバール、結局飲み切っちゃったんです”
と言葉が出た。
”飲めたの?じゃあ今回も飲んで下さい。
飲まないと、多分生理が来ないと思うので。
ホルモンが残ってるから”と。
”今夜からですか?”と聞くと、”そう、今夜から”と。
今回は、排卵調整もしないんだ。前回は排卵を待ったのに。
・・・って言うか、前回はなんで排卵したんだろう。
スプレキュア使わなかったから、自然排卵だと思うんだけど。
だとしたら、今回も自然と排卵するんじゃないの?
それを待たなくても良いの?

処置室の片隅で、バタバタと言い渡された状況と、
ホルモンが残っていたことのショックで、質問もできず、
言われるままにプラノバールを受け取って、4Fへ降りた。
会計待ちの間、何度も天を仰いだ。
スタートラインにさえ立てないなんて、って。
お会計を済ませて、外に出たのが10時50分頃。
3時間20分もクリニックにいたことになる。さすがに疲れた。

エンゲージリングの歪み直しができあがったと
電話をもらっていたので、南口まで歩く。
途中、新宿郵便局へ寄って振込を済ませる。
リングを受け取り、新宿を後にする。
どこにも寄る気が起きない。そんな状態じゃない。
電車かバスで帰ろうかとも思ったんだけど、歩きたかった。
止まってしまうと、涙が溢れてきそうで・・・。

黙々と歩く。風が強くて、時々飛ばされそうになりながら、
それでもひたすら歩く。
歩くことで、体を動かすことで、思考回路を麻痺させたかった。
また今月も、前にも後ろにも進めず、足踏み状態。
一体いつになったら前に進むことができるんだろう。
ゴルフを我慢して、お酒の量も減らして、
毎週鍼灸に通って、毎晩お灸してもらって、
ウォーキングだってできる限りやってるのに、一体いつになったら・・・。

いつもより長く歩いたからか、帰宅したらちょっと放心状態。
朝から何も食べてないんだけど、食欲もない。
痺れてるような、ぼんやりした頭で思う。
誰かと比べても仕方ない。ワタシはワタシのペースで、
ワタシのレールの上を進むしかない。
現段階で妊娠ホルモンが出てることは曲げられない事実。
だとしたら、指示されたことを淡々とこなしていくしかないんだって。
歩きながら、やっとの思いで整理した気持ち。

夫には、暗い顔は見せたくない。
でも、顔見たら泣いちゃうかも。
泣き所の映画でも観て、涙枯らしておこうかな。

・・・と言うことで、治療再開がまた延びた。
いつになったらこの呪縛から解き放されるんだろう・・・。
そろそろ勘弁して欲しいんだけど。
さすがのワタシも結構堪えてる。

プラノバール、飲まずに過ごしてみようかな、なんてちょっと思う。
自然に生理が来るのを待ってみようかな、なんて。
あるいは、飲むなら、前回同様、排卵日辺りから、とか。
でも、基礎体温がはっきり二層にならないので、
自分で排卵日を特定するのは難しいだろうな。

自然排卵を待ちたい、とか、
そんなことして無駄に再開を延ばしたら、
前回みたいに治療に戻らなくなるんじゃないか、とか、
飲んでもホルモン値が下がるって限らないって、とか、
(事実、2周期飲んでもホルモン値が0にならないから)
色んな気持ちが錯綜してる。
大体、前回はどうして自然排卵が起こったんだろう。
なんで今回は排卵を待たずプラノバールを処方されたんだろう。
ちゃんと聞くべきだったかも知れない。

結局、決めるのは、自分だよね。

内診・血液検査・プラノバール12日間分 8,339円

クリニックから自宅まで、
ちょっと遠回りしちゃったなーコース 約1時間20分

070228

梅?桃?鳥居があるってことは、神社?(道程での1枚)

| | コメント (0)

2007年2月27日 (火)

何故?

なんでワタシは妊娠継続できなかったんだろう。
何故かふと、そんなことを考えてしまった。

最近、同じクリニックに通ってる人の妊娠とか卒業を耳にする機会が
増えたからかも知れない。
あるいは、なかなか治療再開できないでいるうちに、
不妊治療の是非を考え始めてしまったのかも知れない。

不妊治療は、できるだけ感情を入れず、
淡々と進めていく方が良いって、どこかで読んだ。
きっと、考えてしまうと、前にも後ろにも進めなくなっちゃうんだと思う。
そういう意味で、ベルトコンベアなあのクリニックは、
最も合理的で分かり易いシステムになってるのかも知れない。
迷いが生じて脱線してしまわないために。
気付かないうちに治療が長くなってしまう弊害はあると思うけど。

ワタシは何故、あの時・・・?
考えても答えが出ないことを考えても仕方ない、か。

夫が欲しがらなかったら、ワタシはきっと治療をやめるだろうな。
このまま。

| | コメント (2)

2007年2月19日 (月)

生理開始

旅行記の中でも触れたけど、
一応独立して書いておこうかな。

プラノバールを飲み終えて、4日後に流産後2周期目の生理開始。
中3日は、前回と全く同じ反応。
鍼灸治療を始めると、経血の様子が変わる人が多いみたいだけど、
ワタシはこれといって変化無し。質も量も。
生理痛の程度は分からなかった。
痛くなる前に鎮痛剤を飲んじゃったから。
鎮痛剤が切れたであろう辺りのお腹の重みは、いつも通り。
でも、重い時間が長くなった気がする。
鎮痛剤を飲んじゃったので、正確性に乏しいけど。

次の検診は月末の予定。
ホルモン値、0になってると良いなー。

| | コメント (11)

2007年2月14日 (水)

プラノバール期終了

昨夜、予定通りプラノバールを飲み終えた。
胃痛・下腹部痛は、飲み始めの2日間だけだった。
果たして何日後に生理が来るだろう。

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

谷間週間

先週とは打って変わって、
今週は、今のところ鍼灸院の予定しか入ってない。
それでまた、来週は日曜日から予定が目白押し。
メリハリがあって良いけど。

その後、結局プラノバールは飲み続けてる。
胃痛はだいぶ良くなった。
食後、ちょっと胃が重くなるけど、胃腸薬を飲むほどじゃない。
食事に気を使ってるせいもあるかも知れないけど。
取りあえず回復傾向で良かった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧