« 2008年8月 | トップページ

2009年2月11日 (水)

乳ガン再検

ちょっと報告。

年末に受けた健康診断の結果が、1月末に戻ってきて、
なんと、乳ガン検診に引っかかってしまった。
オプションで受けたマンモグラフィー検査で、乳腺の石灰化がみられた、
と言うもの。

乳ガンのリスクって色々あるけど、ワタシが調べたところによると、

1.遺伝(ガン家系ってあるらしいね)
2.未妊、未出産、未授乳
3.不妊治療、子宮内膜症治療、子宮筋腫治療等、
                    ホルモン剤を多用した経歴
4.40代以上

ふむ。危険因子多数。

で、割と評判が良く、設備が整ってるクリニックを見つけ、先週末、
精密検査に行ってきた。
紹介状を持っていくと保険適用になる、とのことで、
面倒だけど、健診施設に寄って、紹介状とマンモ画像を持って。

検査待ちの2週間は、正直生きた心地しなかったなー。

結果、”精密検査ってレベルではないですね”とのこと。
マンモとエコーを撮ってもらったんだけど、あっと言う間だった。
実際、その画像を見せてもらいながら聞いた話では、
”不妊治療は危険因子が高いので、定期的に検査を”ってことだった。
半年後、8月に再検に来るように、って言われた。

不妊治療に限らず、やっぱりね、ホルモン剤を多用することは、
本来の体のリズムやサイクルや、”生体”としてのバランスを、
人の手によって故意に崩すこと。
そりゃ、後で不具合が発生しても当然っちゃ当然かも。
勿論、そればっかりじゃないけどね。危険因子は。

紹介状が無くても、15,000円程度でマンモとエコーを受けられる。
35歳を過ぎたら、1年に1度は検査を受けるべきだなーって思う。
乳ガンは経過観察が重要なガンだから、クリニックを決めて、
毎回同じところで受けるのがベストらしい。
画像を比較することが、一番分かり易い診断方法らしいから。

・・・ってことで、不妊治療とは直接関係ないけど、
高度不妊治療を受けることで、ホルモン剤の多用のせいで、
リスクが高まる可能性が否定できない、ってことで書いてみた。

多分、乳ガンだけじゃないと思うんだけどね。
婦人科系の病気やガンって、ホルモンバランスと無関係じゃないし。
未妊ってだけでもリスクがあるのに、
不妊治療でホルモンバランスをコントロールすることによって、
更にリスクが高まるってのも、悲しい現実なんだろうな。

不妊治療に没頭するだけじゃなく、”その後”の人生も考えて、
乳ガン・子宮ガンの検査は定期的に受けましょう。

|

« 2008年8月 | トップページ