« 併走? | トップページ | ホントに欲しい? »

2007年8月21日 (火)

最後の電話?

思いがけない電話。M先生からだった。
ディスプレイに表示された携帯の番号。
見慣れない番号の時は出ないことにしてる。
用事がある人なら、留守電残すだろうし、って。

電話をじっと見てると、留守録ボタンが点滅した。
メッセージ、残したんだ、と思って聞いてみると、M先生だった。
”お元気でお過ごしですか?またお電話します”と。

涙が出そうになった。と同時に、胸が躍った。
久しぶりに聞くM先生の声。
先生が夏休みに入った間の流産だったから、
実質、1ヶ月くらい会ってないんじゃないかな。
今月いっぱい取ってあった予約を、先週末に全部キャンセルした。
それを誰かに聞いたのかも知れない。

ホントは、最後にもう1度顔を出そうかな、って、
ちゃんと挨拶してお別れしようかな、って思ってたから、
予約を残して置いたんだけど、
どんな顔して会えば良いか分からなかったし、
先生の顔見たら、泣いちゃいそうだな、って思ったし。
だから、先週、全部キャンセルしちゃったんだ。

半年間、体だけじゃなく、心のケアもしてくれた先生。
ホントにホントに感謝してる。
だから、会いたい気もするけど、でもやっぱり会えないよ。

殆ど無意識に、ディスプレイの番号を携帯に登録した。
留守録に残された声も、携帯に転送して保存した。
ワタシから電話できるわけもないけど、
消してしまうのは、ちょっと切なかったから・・・。

思慕とか恋愛感情とか、カテゴライズできる感情じゃない。
でも、多分、ワタシはM先生のことが好きだったんだと思う。
大好きだったんだと思う。
精神的に影響を受ける人って、きっとそうそう出会えないと思う。
そう言う意味で、貴重な存在だった。
妊娠継続できてたとしても、いつかはお別れする運命だったけど。

また電話が来るだろうか。正直、出るのが怖い。
でも、最後にちゃんと話さなきゃ失礼だろうな。
感謝の気持ちも、ちゃんと伝えなきゃいけないだろうな。
でも、その電話が最後だと思うと、
やっぱり出られないかも知れない。

|

« 併走? | トップページ | ホントに欲しい? »