« 一夜明けて | トップページ | 最終決断の日・掻爬前日 »

2007年8月 4日 (土)

交錯する

・・・とは言え、油断すると涙が出てくる。
もの凄く不安定。そりゃそうだよね。

”運命なんだ”って受け入れる瞬間もあれば、
”どうして3回も?”って自暴自棄になる瞬間もある。
正直、クリニックからの帰り道、歩道橋を渡ってるとき、
”飛び降りたら死ねるかな”って思ったのも事実。
歩道橋くらいじゃ、骨折するくらいかな。(笑)

掻爬の痛み・辛さを知ってるだけに、恐怖心もある。
その反面、回復の早さも知ってる。
当日の夜と翌日までくらいは、子宮収縮の痛みが辛いけど。

前回は、その場でラミナリアを入れ、数時間後に手術だったけど、
今回は、前日にラミナリアを入れ、翌日に手術になるらしい。
ラミナリアを入れた状態で帰宅し、一晩過ごせるだろうか。
なんか、その方が心配なんだけど・・・。

夫は今日、前から予定されていたゴルフに出かけていった。
状況的に、突然出血したり、
激痛が襲ってきたりする可能性も否めないって言ったんだけど、
それでも、”行かない”とは言わなかった。
言っても、”行って良いよ”って言ったと思うけど、
苦しいのも痛いのも、ワタシだけなんだなーって思った。
この辺の記憶が、今後の夫婦関係に影響しないと良いけど、ね。

食欲もなく、便秘になってるせいか、下腹部が終始チクチクする。
前回流産したときと、体調がちょっと似てきてる。
今は取り敢えず、手術前に大出血とか激痛とか、
そう言うのが始まらないことを祈るのみかなー。特にひとりの時は。
そんな気持ちとは裏腹に、
相変わらずお腹に話しかけてるけど。(苦笑)

驚くほど冷静で穏やかな気持ちになれる瞬間もある。
そう言うときは、M先生のお陰だなーって痛感する。
自分でどうにかできることじゃない。
もっと大きくて、人知の及ばないものに支配されている。
全ては与えられること。決められていること。
そう思えば、悪あがきすることなく、冷静に受け入れられるはず。
苦痛に対する恐怖は否めないけど、それも一瞬のこと。
”生きてる”ことの幸せは変わりない、って。

先のことはまだ分からない。今は考えたくない。
どっちに転んでも、自然と答えが見えてくるだろう。
その流れに身を任せることにしよう。

|

« 一夜明けて | トップページ | 最終決断の日・掻爬前日 »