« BBQ | トップページ | 併走? »

2007年8月19日 (日)

繋がって生きる

ワタシ的には分かってたことだけど、
BBQの翌日に、打ちっ放しに行けるような体力は残っていない。
思った以上に体力が落ちてる。

それでも、”買い物にくらい出かけようか?”と言う夫に、
”食べたばかりだし、出かけるようなら起こすから寝て良いよ”と
ベッドルームへ促した。
”晩ご飯は鶏すきでもしようか?”、”良いねぇ”って話したので、
どっちにしても食料品だけは買いに行かないと、なんだけど、
それもなんだか億劫な感じ。

丸ごと、全てをリフレッシュしたい感じ。今。
流産後、夫以外の人とのコミュニケーションは初めてだったから、
とても良い刺激になった。
外に出るって、人と接するって、一番良い気分転換なんだな。
今のワタシには、”気分転換”以上の効果があった。
ぼんやりとマイナスな空気に包まれていた毎日だったけど、
やっと、一筋の光というか、穏やかな流れが生まれた感じ。

夫の本音が見えない。愛されてると言う実感がない。
本当は、それが一番ワタシを不安にさせてることなんだと思う。
そう言っても、多分夫は何も言わない。
言われたところで、ワタシが求めている答えじゃない確率は高い。
だとしたら、無理して聞かなくてもいいかな、って思った。
ズレがあるとしたら、無理があるとしたら、
きっと自然と離れていくと思う。
離れるほどじゃないとしたら、どんな状態でも続いていくと思う。
離れることが×で、続いていくことが○じゃない。
大切なのは、”幸せ”を感じられるかってこと。
自分が自分らしく生きられるか、ってこと。お互いに、ね。
無理は続かない。ワタシだけじゃなく、夫だって同じことだから。

思えば、流産してからじゃなく、仕事を辞めてから、
余り人と接することなく過ごしてきたように思う。
不妊治療を再開して、この1年。
精神的には、結構不健全な日々を重ねてきたのかも。
その、”歪み”の矛先が夫に向けられてしまったように思う。
って言うか、夫にしか向けられないから。夫に向けるべきだし。
不妊治療は、ワタシひとりでやってるわけじゃないんだから。

生まれるべくして生まれた不信感もあり、
できるべくしてできた溝もある。
それはきっと、不妊治療云々の話じゃないと思う。
不妊治療だけが原因じゃないんだと思う。
くすぶっていたものが、不妊治療をきっかけに露呈したんだと思う。
その事実だけは、しっかり受け止めたい。

結婚生活は二人で築いていくものだけど、
二人だけじゃ見えないこともあるんだなー、って実感した。
それはきっと、夫婦がどうのこうのってことじゃなくて、
人間は本来、沢山の人と繋がって生きて行くべき生き物だって
ことなんだと思う。
沢山の人と繋がってるってことは、何物にも代え難い、
生きていく上で、とっても大切なことなんだなー、って改めて思った。

|

« BBQ | トップページ | 併走? »