« 最後の電話? | トップページ | とある会話 »

2007年8月21日 (火)

ホントに欲しい?

BBQに行ったとき、特急の自由席に乗った。
時間的にガラガラで、
夫は早速、売店で買い込んだパンを頬張り始めた。

暫くすると、ベビーカーを押した、同い年くらいの夫婦が乗ってきて、
ワタシ達の前の席を陣取った。
ひとつ前の椅子を回転させて、ボックスシートにして。
その瞬間、夫と顔を見合わせた。殆ど同時に。
多分、感じたことは同じだったんだと思う。

ベビーカーから降ろされた子供は、案の定はしゃぎだした。
夫に、”移る?”と聞くと、パンをかじったまま、黙って頷いた。
立ち上がって見渡すと、前方にまだまだ空席がある。
”同じ車両じゃない方が良いかも知れないから、
ちょっと見てくる”と席を立ち、前後の車両を確認する。
空席はあるものの、ぱっと見、
今いる車両が一番空いているようだった。

席に戻り、黙って荷物を持ち始めると、夫も続いた。
かなり前方に移って腰掛けると、子供の高らかな声が聞こえた。
腰を落ち着けて、”これだからワタシ達、子供ができないのかもね”
と言うと、夫は、”まぁね”と言った。
”でも、人んちの子だからねー”と言うと、
”母親の感じが悪かったんだよなー。ぶすっとした顔してて。
『この母親は子供を放置するぞ』って思ったよ。ほらね”と。
確かに、無愛想な感じの人だった。

その後も、奇声を発したり、車両の中を駆け回ったり、
お転婆ぶり(?)を遺憾なく発していた。
真後ろの席にいたら、かなりイライラしたと思う。移動して正解。

今回に限ったことじゃなく、ワタシ達はずっとこんな感じ。実は。
子供を、無条件に”可愛い”と思っていない。
寧ろ、”うるさい”と思ってる。
夫は、”親が悪い”って言うけど、ワタシはちょっと違うかな。
子供って多分、多かれ少なかれうるさいと思うし・・・。

総じて、ワタシ達はホントに子供が欲しいんだろうか。
特に夫は。
”自分の子供は違う”、”俺はああは育てない”って言うけど、
子供連れが前の席に座った瞬間、顔をしかめ、
席を移動してしまうようなワタシ達。
”自分の子供は可愛いはず”で済まされることだろうか・・・。

まぁ、子供を持った経験がないので、実際は分からないけど。

”子供が好き”なのと、”子供が欲しい”って言うのは、
少なくともワタシ達は別次元の話だった。
元々ワタシは、子供が好きってワケじゃないし。
その辺は、多分夫も同じだと思う。
ただ、”育ててみたい”って言うか、周りは子供だらけだし、
例えばBBQとかで、知人の子供達と接してると、
”子供がいても良いかも?”とか、”いたらどうだろう?”とか、
割と具体的に考えられるんだとは思う。
”子供が好きだから欲しい”ワケじゃなく。

だから余計、ワタシはもう、どっちでも良いんだけどね。
”どっちでも良い”って領域は、もう超えてるかな。
”苦痛な治療をしてまで欲しくない”って感じに。

実際に子供ができれば、当然育てる義務があるわけで、
勿論、自分の子供は誰よりも何よりも可愛いんだとは思う。
ただ、”どうしても欲しい”ってワケじゃないので、
例えばお金が有り余っていても、治療は続けられないかもって
正直思う。今は特に、ね。

|

« 最後の電話? | トップページ | とある会話 »