« 気持ち良い | トップページ | 渓流釣り »

2007年7月 6日 (金)

”ちんけ”な幸せ

鍼の日。

ゆっくり行こうと思って早く出過ぎて、15分も前に着いちゃった。
受付に汗だくで出てきたM先生に、
”こんにちはー。体調はどうですか?”と聞かれ、
”体調は良いです。陽性判定も頂きました”と言うと、
最初、”何を言ってるの?”的な顔をされたので、ちょっと拍子抜け。
暫くして、”陽性?陽性・・・。えっと、着床判定ってこと?”と。
”そうですね。HCGが検出されたってことですね”と言うと、
”そうですかー”と、やっと笑顔を見せてくれた。
いつの間にか奥から院長先生もやってきていて、
”おめでとうございます”と言われたので、”ありがとうございます”と
頭を下げた。
ベッドに通されて、着替えるのにカーテンを閉めたとき、
M先生が初めて、”おめでとうございます”と言ってくれた。

左腕から胸・背中にかけて違和感があることを告げると、
小腸が弱ってる、と。
恐らく、血流が子宮に集まってしまってるので、
小腸に流れる血が少なくなってるんでしょう、と。
それと、時々左の卵巣の反射区がキュッとする、と伝えると、
”左の卵巣の状態は良いですよ。逆に右がちょっと弱ってるかな。
それを助けるために、左が頑張ってるんだと思います”と。
そうだったんだー。最近、左卵巣は頑張ってくれてるんだなー。
でも、余り無理しないでね。ただでさえ傷負いなんだから。

下腹全体に暫く手を当てていた先生が、
”うん、安心してくっついてますよ”と笑顔で教えてくれた。
”良かったー”と言うと、”話しかけてます?”と。
”はい”と言うと、”どんなことを話してます?”と更に聞かれたので、
”えっと、『貴方がパパを大人にしてあげてね』とか”と言うと、
大声で笑って、”なるほどなるほど。分かる分かる”と。
”男はダメなんだよねー”と。
”妊娠したことは、勿論とても喜んでるんでしょうけれど、
反面、ワタシのフットワークが重くなって、
レジャーが楽しめなくなることが、つまらないみたいです”と言うと、
”分かるなー。僕もそうだったから”と。
”男はどこかで夢見てるところがあるから”と。

右卵巣が若干弱り気味なことと、小腸の血流が鈍ってる以外、
全体的なバランスはとても良いとのこと。
”ホントに良く養生してるよね。うん、良くやってるよ。
顔が変わったもんね。女性はみんなそうなんだけどね。
妊娠すると顔が変わる。『ひとりじゃない』って言うか、
『寂しくない』って顔になる。
大切なのは、とにかく話しかけてあげることだから。
それと、旦那さん、忙しいだろうけど、旦那さんとも話してね”と。

幸せは、外から与えられる物じゃない。”ちんけ”なことほど良い。
大きい幸せを望むと、段々歪んでくる。
例えば、大きな家に住みたいとか、格好良い車が欲しいとか。
そんなことじゃなく、極端なことを言えば、息をしてるから幸せ、とか、
お日様の元、元気に歩けるから幸せ、とか、
今、お腹に赤ちゃんがいるから幸せ、とか、
自分の内側、自分が自分であることに幸せを感じられれば、
心が安定して、赤ちゃんも、その幸せを感じて、
”僕はここにいて良いんだ”って思ってくれる。
なんて言っても、お母さんの鼓動とか体調とか気持ちとかを
直接感じ取ってるんだから、って。
外から与えられる幸せはもろいけど、
自分の内側からにじみ出てくる幸せは、簡単には崩れない、と。

いつもホントに良いこと言うなー。
でもね、そんな言葉が素直に心にすーっとしみるようになったのも
M先生のお陰なんだ。
ホントにそうだなーって素直に思えるようになったのは。

”無理する気があるから、とにかく無理しないこと。
体を動かしてる方が気持ち良いって言うのは、
これだけバランスが整ってれば当然なことで、良いことなんだけど、
とにかく無理しないこと”と。
施術の途中、何度も”無理しないこと”って言われた。
良く分かってらっしゃる。(^^;)

最近、人混みがとても疲れる。
散歩は全然疲れないのに、人混みに入ると途端に疲れる。
体が欲してないんだろうなー。
とは言え、山の中に住んでるわけじゃあるまいし、
ある程度人のいる所に行く必要性は生じるので、
そんなときは、自分のご飯もお弁当とか買ってきて、
適当に済ませるようにしてる。
とは言え、出来合の物が美味しそうに見えないんだけどね。
実際、味付けとか濃かったりするし。

”まぁ良いか”って手を抜くことも大事だって言われたから、
無理せず、疲れを感じる前に手を抜こうと思う。
性格的に、かなり難しいんだけど、これも修行かな。
穏やかでおおらかなママになるための。(笑)

|

« 気持ち良い | トップページ | 渓流釣り »