« 不安の連鎖 | トップページ | ”比べない”と言うこと »

2007年7月26日 (木)

比べない

平均値や統計値と比べて、あるいは他の誰かと比べて、
”ちょっと小さい”とか、”ちょっと遅い”とか言わないで。
ワタシのベビは、ワタシ達のベビは、
平均でも統計でも誰かのベビでもない。
ワタシと夫のベビ。
着床も成長も、ワタシ達のベビのペースなだけ。
どこかの、誰かの物差しに乗せるなんて、
ベビに対しても、ワタシ達に対しても失礼よ。

比べることをやめた。調べることをやめた。
誰かの体験記を何百、何千読んだって、
それは、ワタシの記録じゃないし、ワタシ達のベビの記録じゃない。
命の成長に、正解も平均もないから。

前回の検診は22日の日曜日だった。
胎嚢は大きくなったものの、ベビが確認できなかった。
もの凄く拡大して、辛うじて、”赤ちゃんの元だと思います”
と指摘された、小さな白い物体が見えただけ。
”1週間以内にもう一度来て下さい。
このまま見えないと大変なので”と言われ、今日、行って来た。
少し大きくなった胎嚢に、はっきりとベビが見えた。
大きな卵黄嚢を抱えて。心拍もはっきり。

排卵日から計算した週数は7W1D。
その週数からすると、少し小さめだという。
でも、ワタシはもう、そんな言葉は気にしない。
前回見えなかったベビが、どんなに小さくたってはっきり見えて、
しかもちゃんと心臓が動いてるじゃない。
平均とか計算上とかそんな、相対的な視点じゃなく、
”ワタシのベビ”って言う、絶対的視点で見たら、
”順調に成長してますね”って言いきれるじゃない。
この時期、1週間~10日に1度しか検診がないのに、
ただでさえドキドキで不安と緊張いっぱいで過ごしてるのに、
どうして余計に不安になるようなことを言うんだろう。
しかも、ワタシにとっては、不安要素は全くないのに。

前回も、”見えるはず”と言われた日にベビが見えなくて、
1週間悶々と過ごした。
既にあのとき、”僕を誰かと比べないで”って、
ベビはワタシにメッセージをくれていたんだと、今、思う。
今お腹の中にいるベビも、同じようにちょっとのんびりさん。
排卵は関係ないから、着床が少し遅れたんだと思う。
あるいは、成長が少しゆっくりなのかも知れない。
でも、そんなこと、全然関係ない。
何週目でも、何日目でも、そんなのも全く関係ない。
ワタシのベビは、ひとつの命として、順調に鼓動を打ってる。
それのどこにマイナス要素があるわけ?

前回の検診後から、ネットから意識的に離れてる。
気になって調べだしたら、結局、比較することに繋がる。
ワタシはワタシ、ワタシ達はワタシ達、
ワタシのベビはワタシのベビ。それで良い。それで充分。
茶オリが出るとかお腹が痛いとか、不安要素は全くなく、
相変わらず、動いてる方が調子が良い。
ベビも順調に命を紡いでる。これが幸せじゃなくて、何?

それが、”今の幸せに感謝する”、”足るを知る”ってことだと思う。

先週は、久しぶりにゴルフの練習に行った。
勿論ワタシはやらなかったけど、半分車の中で寝てたけど、
河原を渡ってくる風が気持ち良かった。緑が眩しかった。
今週末は、3人で釣りに行けるかなー。

070726

|

« 不安の連鎖 | トップページ | ”比べない”と言うこと »