« 相談 | トップページ | 外向き »

2007年5月23日 (水)

分割確認

昨日と違って、なかなか繋がらない。分割確認の電話。
昨日と違って、少し緊張した。
昨日は、ダメだって覚悟を決めてたんだけど、
いざ、”分割が始まった”なんて言われると、やっぱり期待しちゃう。
すぐに移植はできなくても、卵に生命力があったことは信じたい。
ワタシと夫の命の結晶だから。

10時半頃やっと繋がった。
名前を伝えた後、暫く待たされた。大きく息を吐く。

”昨日、ひとつは分割が見られず、ひとつは分割を始めたので、
培養を続けるとお伝えしましたでしょうか?”、”はい”。
”分割した卵は、そのまま分割を続けて、8分割になりました。
このまま培養を続けて、胚盤胞になったら凍結する、
と言うことで宜しかったでしょうか?”と。
分割、続けてるんだ・・・。

”はい”と答えると、”凍結できる状態になったら、
こちらの判断で凍結させて頂いても宜しいでしょうか?”と言われ、
”はい、お願いします”と答えた。
胚盤胞にならなくても、
途中で凍結する可能性があるってことかも知れない。

”最終的な凍結確認を、
日曜日の同じくらいの時間にお電話頂けますか?”と聞かれ、
”はい、分かりました。宜しくお願いします”と電話を切った。
なんて頑張りやさんな卵なの・・・。涙がじわっと溢れてきた。

すぐに夫にメッセを投げる。
”そっか。スロースターターだったのね”と。”そうかもね”と答えると、
”どっちにしても、すぐ移植しないで、眠ってもらうんでしょ?”と。
”うん。お金の問題があるから。取り敢えず6月中に仕事始める。
この後のハードルが高いから、余り期待しないことにします”
と答えると、”うん、それで良いと思います”と。

胚盤胞になるハードル。
もし超えられなかったとしても、分割を続けてくれただけで嬉しい。
ワタシ達の卵は卵なりに、頑張ってくれてるんだ。
ありがとう。

|

« 相談 | トップページ | 外向き »