« そして採卵 | トップページ | そして・・・ »

2007年5月21日 (月)

どうして?

ショックで力が抜けた。
夫の言葉に、”根拠のない自信だなー”とか思いながら、
自分も、心のどこかで”絶対大丈夫!”って思ってたってことだろう。

指定された14時過ぎに受精確認。
名前を告げた後の、培養士さんの声のトーンで、
なんとなく、良くない結果なんじゃないか、って予感がした。
”昨日3つ採れた卵なんですけど、1つは受精したんですが、
残りの2個が、今朝の段階で、
受精してるともしてないとも分からない状態なんですね。
なので、このまま培養を続けてみますので、
明日の午前中、もう一度状態確認のお電話を頂けますか?”と。

一瞬血の気が引いた。でも、1個は受精した。
2つも今、一生懸命頑張ってるところなんだから、大丈夫。
言い聞かせるように飲み込んだ。
培養士さんは続けた。
”今周期は移植しないで、胚盤胞まで培養して、
凍結で宜しかったですか?”と。”はい”と答えた。
電話を切った後、一瞬呆然。受精は1個だけ??

すぐに電話が鳴る。
ディスプレイには、見覚えのない番号が表示されてる。
普段なら、勧誘かなにかだろうと取らないことが多いんだけど、
なんだか嫌な予感がして、受話器を取った。
聞こえてきたのは、今聞いたばかりの声だった。培養士さんの。
”先程お電話頂いた者ですが、先程、1つは受精した、
と申し上げましたが、実は異常受精であることが分かったので、
培養を中止しています。大変申し訳ございませんでした”と。
一気に血の気が引いた。
”残りの2つは、先程のお話通り、このまま培養を続けます”と言われ、
”お願いします”となんとか言葉になって、電話を切った。

異常受精??どうしちゃったの?ワタシの卵達。
ひとつは異常受精で、2つは受精が微妙?なにそれ・・・。
恐らくプラノバールのせいで、朝から胃の調子が悪い。
それに輪をかけて、この結果。なんていうこと。想像だにしなかった。
卵の質が落ちた、ってことだろうか。

夫に、どんな顔して伝えたら良いんだろう・・・。

|

« そして採卵 | トップページ | そして・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。