« 決断 | トップページ | 本当に大切なもの »

2007年5月29日 (火)

クルージング

帰ってきたら夫がいなくて、ちょっとほっとした。

先週急遽決まった、アッコとのサンセット・クルージング。
支度に手間取って、待ち合わせ時間に1時間遅れてしまった。
何度も鏡の前で着替え直して、
玄関を出てから、何度も家に戻ったりして・・・。
自分でも呆れた。

アッコの家にちょっと寄ってから竹芝へ。
乗船締め切り時間ギリギリだった。
今まで2回、ディナー・クルーズには乗ったことがあるんだけど、
サンセットは初めて。
綺麗な夕焼けと夜景を期待してたんだけど、日が延びたんだなー。
下船してから、夕日に浮かぶ東京タワーを見る羽目になった。
曇天だったから、景色もイマイチだったし・・・。

その後、四ッ谷に場所を移して飲み直したんだけど、
なんだかすっかり疲れちゃって、21時過ぎにはお開きにした。
アッコはまだ飲みたそうだったけど・・・。
クルージングの、結構早い段階から感じていた違和感が、
最終的に誤魔化しきれない大きさになってしまって、
既に、”楽しいお酒”を飲めない気分になってしまった。

”テレビマンと合コンの予定があるから、誘うね”と言われた。
”楽しみにしてるね”って言ったけど、間違いなく断ると思う。
住む世界が違う。そう思った。アッコとワタシは。
不倫をしてる彼女は、彼に会えない日々を悶々と語る。
”旦那は勘の良い人だから、浮気をしてるとは思ってなくても、
『なにか違う』って勘付いてると思う。最近優しくなったんだ”って。
なんだか、旦那さんが可哀想だなーって思った。

そんなアッコに対して、夫のとの間に子供を設けたいと願い、
心身共に不安定になりながら不妊治療を続けてるワタシ。
同じ話題で盛り上がれるはずはなく、楽しい酒席のはずがない。
その感情が、かなり早い段階で沸き上がってきてしまった。
彼女は、ワタシの話には適当な相づちを打っていた。
そんなの、ワタシには分かってしまった。
それが更にワタシを萎えさせた。
彼女が彼の話を聞いて欲しいのは分かる。
ワタシしか事情を知らないから。
それでも、ワタシだってここ最近、色々悩んで苦しんできた。
その一端を聞いてくれても、バチは当たらないと思う。

でもすぐに思った。”この人に話しても仕方ない”って。
旦那さんを裏切ってるこの人に、不妊治療の話なんて・・・。
聞き役に徹するのにも限界があって、早めのお開きにした。
”これ以上一緒にいたら、顔に出ちゃう”、と思った。

なんだかぐったり。
誰かと会いたいと思った。話したいと思った。
まずアッコだと思った。でも、もう違うって分かった。
多分、もう会わないと思う。
少なくとも、ワタシが夫婦関係を諦めない限り・・・。

それでも、悪いことばかりじゃなかったかな。
彼女のことを可哀想だなーって思った。
その反面、ワタシは恵まれてるのかも、って思った。
そんな気持ちに、少しでもなれたことは収穫だったし。
ここのところ、夫婦関係にも生活にも疲れ気味だったから。
勿論、根本解決にはなってないけど。

同じ観点で話ができる人と会いたい。ホントにそう思った。
そう思えただけで、良かったのかも知れない。

|

« 決断 | トップページ | 本当に大切なもの »