« 混沌 | トップページ | クルージング »

2007年5月29日 (火)

決断

勿論、悶々としていた理由はひとつじゃない。
治療のこととか、夫婦関係のこととか、仕事のこととか、
生活そのもののこととか・・・。

今後のことについて、夫と相談するのをためらっていたのも事実。
実際には”相談”にならないことも知ってる。
良く言えば、ワタシの思い通りにさせてくれる。
悪く言えば、主体性・主張がないから、相談にならない。
結果、ワタシがある程度答えを決めてから切り出すことになる。
でも、昨夜はちょっと違っていた。
どう考えてみても納得できないと言うか、選択肢が沢山見える。
その中で、自分がどれをチョイスすれば最良なのか、
予測も想像もできないでいた。だから切り出した。
”卵、どうする?”って。

”どうするって?”と夫は怪訝な顔をした。
夫にすれば、”すぐには移植できないんでしょ”って感じだと思う。
金銭的な問題で。
”近い将来移植するとしたら、それなりの仕事しなきゃいけないし”
と言うと、”シフトの自由な仕事を探せば良いじゃん”とあっさり。
”でもさー、シフトって言っても、基本的に月終わりには
翌月のシフトを出さなきゃいけないんだろうし、
突発的に、”明後日休みます”なんてことが通用する仕事、
そうないと思うんだよね。長く努めてれば融通も利くだろうけど。
『不妊治療してます』ってカミングアウトするとか?”と聞くと、
”そんな必要はないと思うけど・・・”と。

”正直に言うと、少し無理しても、
すぐに移植しちゃった方が良いような気がするんだ。
費用的には、貯金を使い果たせばなんとかなるし、
無駄に伸ばして中途半端に仕事するより、来月移植しちゃって、
それでダメなら、取り敢えず一旦治療をやめて、フルの仕事をする。
例えば、3ヶ月の短期とかね。
で、お金が貯まったら、その時点でまた採卵からやる。
今の時点で、『諦める』ってはっきり決めたくないし、
『何歳まで』ってリミットも決めたくないの。
暫く仕事して、例えば40過ぎてからまた治療したくなったら
すれば良いし。勿論、卵の質は悪くなってるとは思うけど。
その逆で、フルで仕事始めたら、『子供はもう良いかも』って
自然に思えるときがくるかも知れない。お金も自由になるし。
それはそれで良いと思うんだ。
今全部を決めなくても、その時その時で選択していけば。
どう思う?”と聞いた。
”『どう思う?』って、もう決まってるんじゃない。
良いんじゃない?それで。agree。”と夫は言った。
”だから、取り敢えず鍼治療は続けるし、
金銭的に、貯金はなくなるし、多少無理することになるけど”と言うと、
”良いよ。それで一応結論が出るんだから”と。

一旦の答えが出たはずなのに、自分で提案したはずなのに、
なんだか昨夜は釈然としなかった。すっきりしなかった。
理由は分かってる。事実上、最後の挑戦が決まったから。
之でダメだったら、最終的に子供を諦めることになるかも知れない。
勿論、それはまだ分からないことだし、
”その都度決めていく”と夫とも合意したことだけど、
ワタシの中では、
ラインから外れることへの一抹の寂しさがあるのも確か。
不妊治療は、確かに心身共にheavyだけど、
そのラインに乗ってるが故の安心感があったことも否めない。
女としての可能性を諦めてない、みたいな。
勿論、今回で、完全に諦めちゃうわけじゃないんだけど・・・。

”ラッキーな方なんだと思うよ”と夫は言った。
”前回も今回も、例え1個でも胚盤胞になってるんだし。
確率的には全然悪くないでしょ?”と。
確かにそうなんだよね。
みんなにいつもコメントしてたことなのに。”1個を大事に”って。
でも、ついつい欲が出ちゃう。
それは、採卵するまでに、毎日セロフェン飲んで、
日に3回もHMGスプレーして、って、結構面倒な努力してるから、
それが報われることを無意識に期待しちゃうんだと思う。
勿論、1個胚盤胞になってくれた時点で、
充分報われてるはずなんだけど。
ホントに夫は、根本がポジティブなんだなーと思った。
こう見えて、根本はネガティブだと自覚してるワタシには羨ましい。
まぁでも、ネガティブだからこそ努力ができるんだけどね。

一夜明けて、気分は割とすっきりしてる。昨夜より。
採卵後、暫くさぼってたウォーキングも始めないと。
”すぐに移植しないならいいや”なんて思っちゃって。
鍼も、移植を決める月までやめるつもりだったし。
先週はキャンセルして行かなかったけど、
今週以降はまだキャンセルしてないのが、ワタシとしては偉いかな。
即行動しちゃうのは、良くもあり、悪くもあり、だから。
一応様子見て、予約を保留してたのは正解だった。

今回ダメなら、お金を貯めながらのチャレンジに切り替わる。
元々、”資金が底をついたら諦めよう”って始めたことだった。
やってるうちに欲が出て、”できるまで続けたい”って思ってしまった。
それは今でも変わらないけど、分相応というか、
自分たちに合ったやり方・生き方をしないと意味がないし、
無理したひずみは、いつか必ず出てくるし、破綻すると思う。
それじゃ本末転倒だから。分かってたはずなんだけど・・・。

勿論、今回の移植で妊娠してくれるのが一番の結果。
それに向けて最大限の努力をする。
一旦のけじめなんだから、悔いを残さないように・・・。

|

« 混沌 | トップページ | クルージング »