« 久しぶりのウォーキング | トップページ | 3歳児 »

2007年5月15日 (火)

腑抜け

なんか変な感じ。凄い違和感。

D3で診察に行って、その晩からセロフェンの服用。
翌D4から、朝・昼・晩にHMGスプレーを開始。
一応指示通りにやってるってことは、ベルトコンベアに戻ったってこと。
やってることは確かにそうなんだけど、
実感がないというか、気持ちが入ってないというか、
心と行動にギャップがある感じ。それがなんだか凄く変。

指示通り誘発剤を飲んで、スプレーしてるってことは、
言うまでもなく、採卵に向けて準備してるってことなんだけど、
”また採卵する”ってことの実感がない。
腑抜けた状態で、言われるままに取り敢えずやってる感じ。
こんなんで良いんだろうか・・・。

|

« 久しぶりのウォーキング | トップページ | 3歳児 »

コメント

らうさん、こんにちは!

私も前回から同じような感じでした。
それまでは
”採卵するゾ!”のような気合(?)が
多少はあったような~
hmgスプレーも二回目からは花粉症の季節に
鼻スプレーするような軽い気持になっていました。
”なんでしてるんだっけ???”
”あー採卵するからかぁ”みたいな…(失笑)
すっかりクリニックに洗脳?されてる感じしました(笑)

投稿: on | 2007年5月15日 (火) 09:44

実は今、何に対しても”腑抜け”なのです。(^^;)
やる気が起きないと言うか・・・。
ただ、昨日久しぶりにウォーキングに出て、
一時的にでも、気持ちがとても軽くなったので、
基本的には面倒に感じる(笑)ウォーキングが、
気分転換できることのひとつになってるのかも?と思います。

そうそう、やはり胚盤胞以前の分割卵の凍結もするそうです。
4分割卵を凍結するかどうかは分かりませんが、
少なくとも8分割卵は凍結・融解移植すると言う事実を知りました。
凍結基準は定かではありませんが・・・。

投稿: らう | 2007年5月15日 (火) 10:26

ウォーキングは気分転換♪になりますよね!
出るまでが億劫ではあるけど、歩き始めちゃえば…
帰ってくる頃にはサッパリスッキリしている気がします。

凍結情報ありがとうございます!

どの段階での凍結だったのか…
次回行ったときに聞いてみます!
培養士さんは”凍結しました”のときに
言ってますよね~すっかり聞き逃しているワタシ、、、
恥ずかしいぃ、、、

投稿: on | 2007年5月15日 (火) 13:16

そうですね。
凍結確認の電話で、恐らくどの段階で凍結したか、
くらいのことは言われてるかも知れませんね。
ワタシの記憶も定かじゃないのですが・・・。

どちらにしても、移植の時までには分かりますね。
先生からも説明があるだろうし、培養士さんとの話でも。
そうそう、分割段階に応じて、移植日も変わりますよ。
8分割なら2日後、胚盤胞だったら4日後、だったかな。

今週末辺り通院ですか?いよいよですね。
歩いてますか?・・・って、人のこと言えないけど。(^^;)

投稿: らう | 2007年5月16日 (水) 08:16

らうさん、おはようございます!

ほぉ~分割段階で移植日変わるのですか~
またしても賢くなりました☆

まだリセットしてないので通院日が確定しません~
たぶん明日くらいかなぁ~

ウォーキングは無理のない範囲でやっています~
ホントに無理のない範囲です(失笑)
今日は鍼灸日です。
最近は肩こりのためにいっているような感じです…
すべてのことにおいて”治療のため!”ってことが
なくなった感じがします。

らうさん!超えられない波はないし、
(どこかで見ましたが)明けない夜はないし、
嵐の後は穏やかな日々がまた訪れますから!
無理せず生きましょう、行きましょう!

投稿: on | 2007年5月16日 (水) 09:50

ありがとう、onちゃん。(/_;)

今、ウォーキングから戻ったのですが、
途中、下校中の新1年生の集団を見て、思いました。
”やっぱり子供が欲しい”って。
夫との関係性は納得のいく状態じゃないし、
寧ろ今、マイナス要素が沢山噴出してきてるので、
別に夫の子供じゃなくても良いんだけど(笑)、
色んなことを我慢して、目をつぶっても、
このまま夫と、夫婦として治療を続けて行くことが、
現状では一番早道なんだろうなー、と、打算的に思ってしまいます。
ホントは、そんなんじゃいけないんでしょうけどね。(^^;)

実は、夫が連休明けからずっと家にいるのです。
風邪気味だから、なのですが、それが鬱陶しくて・・・。
ずっと一緒にいると息が詰まりイライラするのですが、
外に出てくると、その気持ちも少し収まります。
そう言う意味でも、今のワタシにはウォーキングが必要なのかも。

ホントは仕事するのが良いんだとは思ってるんですが、
取り敢えず採卵が終わったら、と思ってます。
それまでは、スケジュールも不安定だし・・・。

onちゃんは、旦那さまとの関係性に悩んだりしませんか?
不妊治療に通ってまで子供が欲しいと思ってる人はみんな、
旦那さまのこと、鬱陶しいなんて思わないんでしょうか。
ワタシが打算的すぎるだけ?(笑)

投稿: らう | 2007年5月16日 (水) 15:12

ウォーキング頑張ってますね♪

夫婦といっても所詮他人…きっとこれは
どこのお家でも、どんなに仲良くても
悩むことはありますよね。

結婚してから我が家にも、予想だにしなかった
とっても高く荒い波が押し寄せてきたことがあります。
二人の問題だけではなく、ホントにドラマに
なるようなこともありました。
数ヶ月かけて話し合いをして、幾度となくぶつかり
あいながら私たちの意見をひとつにして…
と、最後は納得のいく結果には至りませんでしたが
終わりにしました。

あの日から「絆」っていうのが出来たような気がします。
よほどのことがない限り今後「離婚」はないと思います。
って先のことはわからないですけどね(失笑)

困難があったからこそ穏やかな今があるのかなぁって
最近思います。

私もらうさん同様、ずっと一緒にいたら鬱陶しく
思いますよ!それは同じ♪
でも、らうさんのことを一番理解してくれる素敵な
ダンナ様だし♪
しばらくしたら鬱陶しさが愛しさに変わることでしょう☆
らうさん!笑って♪ね!

投稿: on | 2007年5月16日 (水) 16:06

すみません、遅いコメントなんですが・・・
らうさんも、よくコメントされているonさんも新たなチャレンジですね。
どうかうまくいきますように、お祈りしていますね。
私は2周期後に2度目の挑戦となる予定です。
フレーフレー!!まっすぐならうさん、お優しいonさん(^o^)

投稿: ゆた | 2007年5月17日 (木) 19:19

onちゃんへ

onちゃんにも、そんなに高くて荒い波があったんですね。
確かに、二人で乗り越えれば、絆が強くなるかも・・・。

ワタシの場合、いつも一人消化なんですよね。
夫は多分、その時ワタシが離婚を真剣に考えてたなんて
気付いてなかったと思います。後で話しましたけど。
なので、”二人で乗り越えた”感は全くありません。
自分で考え、納得し、消化した、って感じです。
もしかしたらそれもいけないのかも?とは思うのですが、
ワタシが”別れたい”って言ったら、理由も聞かず、
当然引き留めるなんてことはせず、
”分かった”と言うような性格の人なので、
ワタシの中ではっきり答えが出ないうちには、
迂闊に気持ちを吐露できないのです。
それがまたストレスだったりして・・・。
でも、それが、付き合いが始まった頃からの関係性なので、
12年も経った今、突然変えることも至難の業です。(^^;)

昨日、鍼の先生に、”旦那さんは元気?”と聞かれ、
風邪で長く家にいて、おまけに移されて、鬱陶しい、
と愚痴をこぼしました。(笑)
先生は、”そうなんだよねー、分かる分かる。
一人だと寂しいし、一緒にいすぎると鬱陶しいし。
距離感って大事だと思うよ。
特にらうさんは、一人でいるのが割と好きな人だし”って。
なんだか鍼の先生には、心の中も見透かされているようで、
でも、だからこそ、安心して任せられる部分もあって、
ホントに癒されます。

鬱陶しさが愛しさに変わることは、ワタシの場合は望めませんが、
鬱陶しさから上手く逃げられる手段は鍛えてます。
そのうちのひとつがウォーキングであり鍼であり、
こうしてここで全部を吐露することだと思ってます。
だからいつも、コメントをくれるonちゃんには感謝してます。
ありがとう。(^^)

投稿: らう | 2007年5月19日 (土) 10:32

ゆたさんへ

ゆたさん、いつもありがとう。(/_;)

いよいよ2度目の挑戦なんですね。
ワタシも、なんだかんだ言っても、まだ3度目の挑戦です。
資金の問題もあって、戻しはいつになるか分かりませんが、
(できれば次周期に、とは考えています)
取り敢えず採卵日が決まりました。
でも、以前ほど気合いが入らないので、
心のギャップを深追いしないように、
できるだけ余計なことを考えず、ラインに乗ってる感じです。(笑)

諦めない以上進むしかない。
お互いに頑張りましょうね。(^^)

投稿: らう | 2007年5月19日 (土) 10:36

この記事へのコメントは終了しました。

« 久しぶりのウォーキング | トップページ | 3歳児 »