« 止まらない | トップページ | 矛先 »

2007年4月20日 (金)

岐路

2週間ぶりの鍼。
実は、今回で最後にしようと思っていた。鍼灸治療に通うの。

昨夜、夫と少し話をした。今後について。
ぶっちゃけてしまうと、金銭的にかなり苦しくなってきたので、
治療をやめるか、遊び(特にゴルフ)をやめるか、
ワタシが働きに出るか、等々、これからどうしようかという話をした。

元々天井を決めての治療再開だった。
資金が底を付いたらやめよう、と。
前回、あのまま妊娠継続していれば、充分範囲内だったんだけど、
針治療も始めてしまって、
これからまた、1からやり直せるほどの資金が
捻出できなくなってしまったのが正直なところ。
妊娠と同時にワタシが仕事を辞めてしまったのも痛い。
勿論それも、妊娠継続できていれば問題なかったんだけど、
仕事は辞めるわ、流産するわ、鍼は始めるわ、ゴルフに行くわ、じゃ、
貧してくるのは当然と言えば当然。

重い気持ちで鍼灸院に向かう。
ドアを開けると、先生が開口一発、”顔つきが良いねー”と。
”どんな調子?”と聞かれて、ことの顛末を話す。
”そっかー。ダメだったかー。旦那さんは大丈夫なんだよね?”と。
その後色々話をして、院長先生も途中顔を出してくれて、
”旦那さんをなんとかしてあげたいねー”なんて話しもして、
いつもそうであるように、身も心も軽くなってしまった。
なんなんだろうなー、ホント。
かなり低空飛行で行ったのに、ものの1時間で穏やかになる。
気持ちが凪いでフラットになる。ホントに不思議。

今後の予約は、後で全部キャンセルしようと思って行ったのに、
何故か6月末まで予約を入れてきてしまった。
やめるのはいつでもやめられるし、
クリニックに通うのをやめて、
鍼灸だけは続けて、自然妊娠にトライする、って道もあるし、
って思って・・・。
多分、鍼灸の魅力にはまってしまってるんだと思う。
実際、変化も効果も感じてるし。

当初の予定通り、歩いて六本木に向かう。
ヒルズに着いたところで夫にメールすると、”出られるよ”とのこと。
水子観音の近くで待ち合わせて、一緒にお参りをする。
ワタシ達より若い感じの、スーツ姿の男の人がお参りしてた。
土地柄、近くのオフィスに勤めていて、昼休みに来たのかも知れない。
なかなか信心深いというか、慈悲深い人だ。
夫は多分、ひとりでお参りはしないと思うから。

すぐ近くに、セルフの讃岐うどん屋さんがある、と言うので立ち寄る。
最近流行の、揚げ物とかトッピングを自分でチョイスするやつ。
うどんをすすりながら夫が言う。”週末バイトしようかなー”って。
”なにやるの?”と聞くと、”飲み屋かなー。夕方から。
遊ぶ時間が無くなるし、一石二鳥だから”と。
”本気でやる気なら止めないよ”と返し、
”取り敢えずクリニックは休もうか?で、ワタシも仕事してお金を貯めて、
1回分貯まったら治療する、みたいな”と続けた。
”それも良いんじゃないの?”と夫。
全てを一遍にやめてしまうのには、ちょっと抵抗がある。
やめるんじゃなく、”休む”ってスタンスにした方が良いかな、って。
条件が整ったら、またトライする、みたいな。
振れ幅を確保しておけば、どっちに転んでもダメージは少ないし。

来週、D14の通院日がある。
それまでに大筋の方向性を決めなきゃいけない。
治療を休むなら行く必要はない。
取り敢えず行って、ホルモン値だけ確認するのも有りだけど、
その上で、”暫く休みます”って告げてくればいいワケだけど、
治療しないなら、ホルモン値なんて関係ないし。
放っておけばそのうち自然と無くなるんだし。

流産した分、鍼灸を始めた分、
ホルモン値がなかなか下がらなかった分、計算が狂ってしまった。
仕事を辞めたことも裏目に出ちゃったし。
鍼に行くと、体のバランスは整うんだけど、
その他の、周りの環境のバランスがことごとく崩れてしまった。
大筋からひとつひとつ整えていくしかないだろうなー。

|

« 止まらない | トップページ | 矛先 »

コメント

ゆたです。またご無沙汰してしまいました。

体調不良はその後どんどん深みにはまって、吐き過ぎて食道に炎症ができ、点滴を打つはめになりました(苦笑)
しかも先週末は暑くて今週はずっと雨で寒くて・・・まいりますねホント。
そのせいでホルモン値の再検査に行けずじまいです。

体外受精はやはり経済的な問題が大きいですよね。
年に2回、ボーナスの月だけと決めて挑戦しているカップルもたくさんいるらしく、うちも多分それに近いかたちになると思います。
加齢のことを思うと1周期でも無駄にすることなく挑戦したいけれどもそれではお金が続かないし、たとえ金銭的に余裕があったとしても、いつまでかかるか分からず結果が出なければかけたお金はすべて無駄になると考えると<つぎこむ>のが怖い気もするし・・・。

落ち込みが大きければ大きいほど、努力している証拠なのですよね。
夫婦で1つの目標に向かって歩める現在の環境に感謝しつつ、ゆっくりでも確実に進んでいきたいですね。

心身ともにリラックスできる鍼灸はらうさんにとってきっといい結果をもたらすと思います。

なんだかとりとめもなくすみません。

投稿: ゆた | 2007年4月21日 (土) 00:47

お久しぶりです。
その後、どうしてるかなーと思っていました。
点滴を受けたなんて・・・。大丈夫ですか?
ワタシも今、体調を崩しています。
不妊治療以前に、体調を整えないといけませんね、お互い。(^^;)

去年の8月に治療を再開してから、一念に走り続けてきた気がします。
歩を止めたら、それで終わってしまう気がして・・・。
でも結局、分相応ってあるんだと思います。
無理は続かない。お金の問題だけじゃなく。
現実としてお金がネックになってるのは確かだけど、
お陰で足元を見る良い機会になりました。
方向性と方法を考え直すための。

夫の関係性も、少し変化してきています。
それがどう転ぶか分からないけど、
今はそれを、甘んじて受けようと思っています。
・・・と言うより、反論したり反発したりする気力が、
今のワタシにはないんですけどね。(笑)
それが顛末なら仕方ないと思っています。

不妊治療目的だけでなく、針治療は続けていきたいので、
それだけでも維持できるように頑張ろうと思っています。

ゆたさんも、身体には気を付けて下さいね。
いつもありがとうございます。(^^)

投稿: らう | 2007年4月22日 (日) 09:53

この記事へのコメントは終了しました。

« 止まらない | トップページ | 矛先 »