« 焦っちゃダメ | トップページ | 最高の気分転換 »

2007年3月 3日 (土)

意識改革

ワタシは元来、飽きっぽくてせっかちなので、
何かを継続することが割と苦手だったりする。
特に、”地道な努力を続けること”が不得手。
すぐに結果を求めてしまうので、”徐々に”って言うのを待てない。
なので今回、hcgがなかなか0にならず、
流産後3ヶ月になるのに治療再開できない状況に置かれ、
悶々とし、悩み、考えたんだけど、
鍼灸の先生、ネット上のとあるクリニックの先生の言葉を受け、
(とあるクリニックの掲示板に、今回のことを質問してみた)
今回は、焦らず、少しずつでも努力を続けていこうと決めた。

その中で、一番分かり易いのはウォーキングだと思う。
仕事をしていないワタシにとって、
日中1時間歩くというのは、簡単そうで難しい。
外出の用があれば必然的に外に出られるけど、
何もないのに毎日1時間歩き続けるのは、
特にワタシの性格上、腰が重くなる部類に入る行為だと思う。
”ノルマ的はダメ”って言われたけど、
ワタシにとって毎日歩くことは、ノルマ以外の何物でもないし、
ノルマとして課さなかったら、多分続かないと思う。
できるだけ好奇心を満足させるため、コースを日々変えてみたり、
何も考えないでとにかく歩く、と自分に言い聞かせたり、
精神面を維持するのが結構大変で。

それでも今週、半ば意地で歩き続けてみて、
鍼灸での反応が格段に良くなってる、って言われたのは嬉しかった。
自覚症状が全くないから、”歩いても変わらないじゃん”って
思っちゃうと続ける意志も萎えそうになるけど、
1週間後、”ちゃんと効果が出てる”と先生に認められたことで、
また今週も頑張ってみよう、って思える。
努力の成果がある程度目に見えないと継続できない。
それってきっと人間の一番怠惰で一番弱いところだと思う。
特にワタシの場合、”無駄な努力”と感じた時点で続かない。
実際は、少しずつでも成果があったとしても。
”少しずつ”の成果を待てない性分だから。

例え意地でもウォーキングを続けること。
それはきっと、体を作るって意味だけじゃなく、
根本的な意識改革にも効果があるかも知れない。
ワタシにとって、地道な努力を強いられることは、
ある意味、精神面を鍛えることにもなるかも知れない。
一番弱い部分の。
だから続けてみようと思う。暫くは意地で。
鍼灸の先生をギャフンと言わせたい(笑)、と言う動機も
いつまで続くか分からないけど、
そうやってるうちに意識が変われば、
単純に、自分のために努力できる体質に変われる気がする。
それは決して、不妊治療のためだけのことじゃない。

今日はこれから、久しぶりに遠くの練習場へ行く。
目的は、ゴルフ練習の他に温泉&岩盤浴。
昨夜、夫から提案された。
夫も今、心身共に疲れてるときなので、今回は付き合うことにした。
妊娠するまで、月1ペースで通っていた娯楽だったんだけど、
妊娠・流産してから、なんとなく足が遠のいていた。
遠出をすることが、夫の気分転換になるなら、と思う。

|

« 焦っちゃダメ | トップページ | 最高の気分転換 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。