« 無題 | トップページ | 無題 »

2007年3月23日 (金)

貴女へ

彼女は違うかも知れない。
彼女とは違うかも知れない。
そう思っていたけど、やっぱり違っていた。

高度不妊治療をしている人のブログ、
特に、同じクリニックに通っている人のブログは、
何人かブックマークして見に行っていた。
その中で、実際に”会ってみたい”って思う人は殆どいない。
と言うより、元々ワタシは、
ネット上で知り合った人と会いたいと、余り思わないタチで。
でも、彼女は違った。会ってみたいと思った。
そういう意味では、数少ない貴重な存在だった。

不妊クリニックを卒業した時点で、ブックマークを外す。
それが今までの常だった。
自分の醜い部分を露呈するようだけど、
心の底から”おめでとう”って思いきれない自分がいて、
それを自覚することは自己嫌悪に繋がるし、
自分の首を絞めることになる。
例えば、実際の友達とか身近な人に対してなら、
作り笑いを浮かべて平静を装うことはできるけど、
ネット関係でそれをやる必要も理由もないと思ってる。

でも、彼女に対してはちょっと違っていた。
事実、いつか会いたいと思っていた。会ってみたいと思っていた。
それは、ネット上で知り合った人としては、異例な感情だった。
ワタシにとっては。
単純に同じクリニックに通ってるとか、同じ鍼灸院を選んだとか、
そんな理由じゃなく、もっと純粋に会ってみたいと思っていた。

だから彼女だけは、クリニック卒業後もブックマークを外すことなく、
ずっと見続けていたい、と思っていた。それは嘘じゃない。
でも、実際その時がやってきたら、ワタシの心は大きく揺れた。
同じクリニックに通い、同じ鍼灸院に通い、
更には、同じ産科を選んだ彼女。(ワタシは”予定”だったけど)
もっと言えば、1度目の移植は陰性で、2度目で陽性。
フレッシュ卵で陰性で、凍結胚盤胞融解移植で陽性。
そんなところまで同じな彼女。
本来なら、同じことを喜んでも良いのに、
そうじゃない感情が沸き上がってきてしまった。
どうしてワタシは?って。

無事にクリニックを卒業できたこと、本当に良かったと思ってる。
卒業したからには、無事に元気な赤ちゃんを産んで欲しいと思ってる。
ワタシもその産科に通おうと、妊娠していた時に決めていたので、
これから先の彼女の経験も、色々知りたいと思ってるのも事実。
だけど、それを見守るだけの余裕と優しさが、ワタシにはない。
彼女だけは違うと思っていたけど、やっぱりダメみたい。
もし、ワタシが治療の渦中にいなかったら、また違っていたと思う。
でも、まだスタートラインにさえ立てなくて、
これからまた、0(採卵)からのスタートになるであろうワタシには、
彼女の”これから”を見続けることは、眩しすぎる。

ネット上だし、上辺だけ繕って、舌を出すことも可能だと思う。
でも、彼女に対しては、それはできない気がしてる。彼女だから。
彼女のことを好きなままでいたいし、
彼女の幸せを、今は純粋に喜ぶことができてるから、
この気持ちが変質してしまわないうちに、離れた方が良いと思う。
・・・って言っても、実際会ったことはないし、話したこともない。
ただ、ブックマークを外すだけの話なんだけど。

ここは彼女も見てる。
こんなことを書くことは、彼女に対してだけじゃなく、
ここに来てくれている他の人達に対しても、
余り気分の良いものじゃないかも知れない。
でも、ここを続けている以上、不妊治療を続けている以上、
必ず出てくるワタシの本音の部分の感情なので、避けて通りたくない。
隠したまま、取り繕ったまま続けていきたくない。
それじゃ、ここの意味がない。ワタシにとってのここの意味が。

ワタシも、止まっているわけじゃない。
少しずつだけど進んでる。
時々、後ろに進んでることもあるかも知れないけど、止まってはいない。
子供のことは、最終的にどうなるかは分からない。
でも、治療のベルトコンベアに乗ってる以上、最大限に努力したい。
彼女と同じ産科に通院する日を夢見て。

ありがとう。そしてごめんなさい。
元気な赤ちゃんが産まれること、心から祈ってる。
ワタシにとって貴女は、ホントに貴重な存在だった。
最初にそんなメールを送ったことあったよね。あれは嘘じゃない。
あのままの、そのままの気持ちで貴女を思っていたいから、
今は一旦距離を置きたいと思ってる。
ワタシが子供を諦めたとき、同じ産科に通い始めたとき、
また貴女の言葉が欲しくなるかも知れない。
でも今は、素直な自分の気持ちに従いたいと思ってる。
ワタシはワタシの道を歩くために。

ホントにおめでとう。元気でね。(^^)

|

« 無題 | トップページ | 無題 »

コメント

人って住む場所・生きる場所で住み分けがされてると思います。住む場所は本当の住所、生きる場所はライフスタイル。

ライフスタイルが変わるんだから、距離が離れちゃうのは必然的じゃないでしょうか。
それを正面から受け止めちゃうらうさん、自分で自分を傷つけてませんか?大丈夫?

さー、桜咲きそう♪ らうさん見習ってウォーキング
しよう。お花見って思ったら遠くまで歩けそう♪

⇒うーん、私の客観的な意見なので、ムカッときたら削除しちゃってくださいね。

投稿: | 2007年3月23日 (金) 13:15

初めまして。(でしょうか?)

ワタシは、人と付き合うとき、
基本的に、”その人ありき”なんです。
その人そのものを好きになるというか、
好きになりたいと言うか。
なので理想は、その人がどんな環境に置かれても、
どんな状況にあっても、関係性を変えないことなんです。

正面から受け止めることで自分が傷つく。
確かにそうかも知れません。
ただ、ワタシは性格的に、そうしないと解せないタチで、
上手くかわすというか、中庸で納めることができません。
その辺はいつも、夫にも指摘されてます。
”結局自分が傷ついてれば世話無いね”って。(^^;)

ムカッとくるなんて、とんでもないです。
客観的なご意見は、本当に有り難いと思っています。
自分では見えないことって多いですから・・・。
ありがとうございます。(^^)

ウォーキングが気持ち良い季節ですね。
ワタシも今日、なんだかんだで2時間も歩いてしまいました。
汗だくになりながら。
桜が咲いたら、距離も時間も増えそうです。(笑)

投稿: らう | 2007年3月23日 (金) 22:50

この記事へのコメントは終了しました。

« 無題 | トップページ | 無題 »