« 喉風邪? | トップページ | 喉風邪 »

2007年3月10日 (土)

変化

”今、何をしてるときが一番楽しい?”って聞かれた。
暫く考え込んでしまったワタシに、
”すぐに答えられないのは素晴らしいことだね。
ベースが充実していて不満がないと、発散する必要がないから、
何か特別なことを『楽しい』と思わなくても大丈夫なんだよ”って。
そう言われれば、今は、日々の生活がそれなりに楽しかったりする。

”これだけ身体の変化が実感できると、
『次は産めるぞ!』って思える?”って聞かれた。
”実は余り治療のことを考えなくなりました”と答えると、
”それは良い傾向だねー。そうなると、結構すぐにできちゃうよ”って。
不妊治療の一環として始めた鍼灸治療。
でも結局、自発的な変化(毎日歩くこと)を自覚し、続けることで、
日々の生活、考え方、生きることの指針が変わってきて、
それは、不妊治療に限ったことじゃなくなる。
そうなると、思考も体もどんどん好転していく、って。
不妊治療(子供を産むこと)が最終ゴールじゃないから、って。

ここ最近、それをホントに実感してる。

”これだけバランスが整ってきてるのに妊娠できなかったら、
なにかよっぽど悪いことしてるんだね”って言われた。
”ホントに素直な体してる”って。
”体は、ですね”って言ったら大笑いされた。
”性格は違うの?”って聞かれたので、
”う~ん、どうだろう。でも、割と単純な性格ですね。
自己暗示にかかりやすい、って言うか”と答えると、
”なるほどねー。だから意識が変わるのが早かったんだね”って。
”なんでもそうだけど、思い込むって結構影響大きいんだよ。
良くも悪くも。特に東洋医学は顕著に出る”って。
マイナス思考の時は体もマイナスに反応する、ってことらしい。

内なる声を聞き、自分で自分の体や心のバランスを取る。
それがきっと一番大切なことなんだと思う。
”そうやって生活していくと、自分に合う・合わない、
自分が欲する・欲してないって言うことが、本能的に分かるようになる。
それは、食べ物だったり人だったり色だったり場所だったり、
あらゆる面で。
その時々の自分の心身に合った選択や行動ができるようになれば、
治療に通わなくても自力でバランスを保つことができる。
その一番基本で、一番簡単な方法が『歩く』ってことなんです”って。
直接的に繋がらないけど、感覚的に分かる気がする。
歩くようになって、確かに色んなことが変わってきた気がするから。

1回7,000円の施術料は高いと思ったけど、
体だけじゃなく、心のバランスを整えるための授業料だとしたら、
それほど高くないのかも。
しかもそれが、”今”だけじゃなく、不妊治療のためだけでもなく、
これから先、何十年と生きていく上での指針のひとつになるとしたら、
今やってることは無駄じゃないんだ、って思える。

”これだけ反応が早いと、鍼灸師になれますよ”って言われた。
”『気』が通ってるんだなー”って。
ちょっと興味が出てきてるので、まんざらでもない。

|

« 喉風邪? | トップページ | 喉風邪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。