« 鍼灸 | トップページ | 覇気のない週末 »

2007年2月24日 (土)

手料理

昨夜、平日にしては珍しく、一緒に食卓を囲んだ。
いつも、夫の帰宅は21時、22時過ぎなので、
ワタシは先に済ませてしまうことが殆ど。
でも昨日は、お昼ご飯を食べ損ねてしまって、
夕方パンをかじっただけだったので、
夫の晩御飯を作りながら、食べたくなってしまった。

絹揚げとカブのあんかけ風煮付けと、菜の花のお浸し。
基本は辛子和えなんだけど、前回のナムル風が好評だったので、
今回も変わり種、梅肉和えにしてみた。

”やっぱり帰ってきて良かった。うちの方が美味い飯が食える”と夫。
”ん?”と聞き返すと、
”いやさ、お客さんに誘われたんだよね。帰り。
巷は今日が給料日らしくて、
『美味いレバ刺しのある店があるんですよー』って。
一瞬考えたんだけど、妻子持ちの突然出費は痛いし。
前もって決まってれば、臨時にもらっていけるけど”と。
”家に帰ってくれば、こんなに美味い飯が食えるんだよなー、
妻子持ちは”と言われて、
”美味い飯を作る奥さんがいるからね”と返した。
”そうだねー”と夫は、箸を休めずに言った。

ちなみにアナタ、”妻『子』持ち”じゃないよ、まだ。

料理を誉められるのが一番嬉しい。
料理好きだからもあるけど、料理って生きる基本だし。
元々夫の好物を作る傾向にあるけど、
だからこそ、喜んでもらえると凄く嬉しい。

先週は北海道で飽食三昧だったので、
今週末は、家にある材料でご飯を作ることに決めた。
だから昨日も、週末用の買い物をしてこなかった。
基本的には、この、”お掃除料理”が一番得意だったりする。
冷蔵庫と食品棚を睨みながら、”何作ろうか?”って考える、
その行程がとっても好き。
ワタシにとって料理は、創造性と創作力を高めるための、
とっても楽しい時間。

|

« 鍼灸 | トップページ | 覇気のない週末 »

コメント

らうさん、こんにちは!

わぉ~これこそ妻の鏡!ですね~
それにダンナ様もおっしゃることステキ☆

うちなんて作るの30分食べるの5分です…
”美味しかった?””うん”
おいおい、、もっとないんかい!です~
私もらうさん見習ってちょっとアレンジしてみようかな~
間違えるとタイヘンなことになるかしら、、、

と、今日は残念な結果が出ました。
預けていた卵、成長ストップしました。
はぁ~こうなると移植したほうも…って
考えちゃいます。やっぱり無理なのかなぁ~

培養士さんのお話は皆さんのブログで読ませて
いただいて、なんとなく言われることは
察しつくのでやめておこうか…でも初回だけ
聞いておく?せめてグレードだけでも?
と、悩んでいます…

投稿: on | 2007年2月24日 (土) 13:18

今日のお昼は、昨夜のあんかけ風煮付けで残った”あん”を、
オイスターソースと黒酢で中華風にして、
お野菜たっぷりの天津丼にしました。
なかなか好評でした。(^^)

ワタシの場合、多分、外食好きなことが、
料理のアレンジや味付けに効力を発揮してると思います。
食べたことのない味って作れないですから。
外食するとき、”これは何を使ってるんだろう”って
ついつい考えちゃいます。

同時期に取った卵ちゃんでも、一卵性なわけじゃないので、
onちゃんのお腹の中にいる卵ちゃんとの関連性は全くありません。
移植された卵ちゃんは、今頃子宮に戻ってきて、
内膜ベッドにもぐり込んだ頃でしょう。
信じてあげなきゃ可哀想ですよ。

鍼灸の先生が、”お灸をするとき、ここは卵巣、ここは子宮って、
イメージすることが、効果を倍増させるんです。
イメージってとっても大切なんですよ”と言っていました。
イメージが人体に与える影響って、軽視できないそうです。
今は、お腹の中の卵ちゃんのことを第一に考えて、
良いイメージを持って過ごして下さいね。

ワタシも、4つ採れた卵のうち、ひとつは変性卵だったので、
3つを受精させ、1つをフレッシュ4分割で移植(陰性)、
残りの2つの受精卵のうち1つの分割は途中で止まりました。
1つが胚盤胞まで分割してくれて凍結できたので、
もう1つの分割が止まった理由は聞きませんでした。

言われることは分かっていても、聞かないで悶々とするより、
最初だから聞いてみるのも良いとは思いますが、
そのことで、気持ちが”陰”に傾いてしまう可能性があるなら、
やめた方が良いのでは?とも思います。
とにかく今は、お腹の中の卵ちゃんのことを最優先に、
最大限に考えてあげて欲しいと思います。

投稿: らう | 2007年2月24日 (土) 15:40

らうさん、ありがとう~~~

そうですよね、判定日まであと一週間
大事にしていきたいと思います。
この一週間もおなかをかばうことが
多かったり、ブログで”ココが痛くなり”
なんて読むと自分も痛いような気がして
自分でも笑っちゃいます~
でも、体温もですがホントになんの変化もありません。
らうさんが教えてくれた”一週間後になにかしら…”
ちょっと楽しみにしています。
茶オリも聞いているのであったとしても
驚かないし!
来週の変化を楽しみにします!

今回だめでももうひとつある!って思っていたものが
今日なくなってしまったのでかなりブルーに
なってました。
でも、らうさんのお返事読んで落ち着きました。
ホントにありがとう!

それにしても昨日のメニューから中華丼に変身
なんて…ダンナさまもビックリ!?慣れちゃって
そうでもないのかしら???
うーん、素晴らしい~私が奥様に欲しいわ、、、(!?)

投稿: on | 2007年2月24日 (土) 18:33

”まだ次がある”って思うと安心する気持ち、
とても良く分かります。
それがなくなってがっかりする気持ちも分かります。
ワタシはどちらも経験しているので・・・。
でも、”ダメになっても次がある”じゃなく、
”次が無くてもこの子がいるから大丈夫”って思ってあげて下さい。
”ママには私(?)しかいないんだ!”って、
きっと卵ちゃんも自覚(?)を持ってくれると思います。

身体の変化も個人差なので、余り気にしないで下さいね。

夫は、ワタシが言わないと”転食”には気付かないと思います。
”これ、なんだか分かる?”と聞いても、
大体、”なに?”と聞き返されるので・・・。(^^;)
ネタをバラしたがるワタシも、
”どぉよ?”的自慢したがり見え見えです。(笑)

投稿: らう | 2007年2月25日 (日) 13:15

この記事へのコメントは終了しました。

« 鍼灸 | トップページ | 覇気のない週末 »