« いざ | トップページ | 北海道旅行・2日目 »

2007年2月19日 (月)

北海道旅行・初日

3日間なんてあっと言う間。
旅行自体が久しぶりだったのもあるけど、とっても楽しかった。
行った人達の中で、一番満喫したんじゃないかな。ワタシ達。
2日目の夜の食事以外、全行程自由行動だったんだけど、
終始単独行動で、できる限りのことはやった、って感じ。

16日(金) 初日

空路、羽田から新千歳空港へ。
ワタシ達が乗る、1便後の女満別空港行きが大雪で欠航。
それ以外は順調に飛んでる。
席が窓際だったので、終始外を眺めていた。
海岸線が見え、とても綺麗。日本列島って、ホントに綺麗だなー。
”瑠璃色の地球”を自然と口ずさんだりして。
ただ、ちょっと切なく思ったのは、上空から見ると、
そこここに作られたゴルフ場が、大地に付けられた爪痕のように、
まるでなにかに引っかかれたように見えて、痛々しかった。
ゴルフ場建設を反対する人達の気持ちが、ちょっと分かった。
・・・って言っても、ワタシはゴルフをやめないけど。

新千歳空港に到着。スキー組はバスで出発。
残された人達は、とりあえず札幌のホテルに向かうことになった。
当初、”自由行動なんだから好きなところに行こう”と言っていた夫。
いざとなると大衆に迎合してしまう。全く持って情けない。
まぁ、そんなことには慣れているので、仕方ないか、と思っていると、
”アウトレットモール”の看板が目に飛び込んできた。
夫に、”アウトレットがあるね”と言うと、
”行ってみる?”と聞かれたので、”行きたい”と答えた。
夫が上司に別行動をすることを告げ、シャトルバスでアウトレットへ。
10分程度で到着。人の少なさにびっくり。平日だからかな?
日本語よりも、中国語や韓国語が飛び交ってることにも驚いた。
これは、旅行中終始感じたこと。街中でもホテルでも。
直行便が出ているのと、通貨価値の上昇で、安価で来られるらしく、
韓国・中国圏からの観光客がとても増えているとのことだった。

アウトレットモールと言っても、お目当てのコーチはなく(笑)、
とりあえずご飯を食べよう、と言うことで、回転寿司に入った。
北海道と言ったら、まず魚介でしょう。
でも、回転寿司なのでそれほど期待してなかったんだけど、
実際食べてみてびっくり。ネタの鮮度が全然違う。しかも安い!
特に驚いたのは、マグロの赤身。
ワタシは元々赤身が苦手なんだけど、
余りの美味しさに2皿食べてしまった。なんて言うか、中トロみたい。
夫は元々赤身が好きなんだけど、”これ、マジ美味い”と、
バクバク平らげていた。

夫が、”手袋を忘れた”と言うので、適当なお店で買った。
タリーズでお茶しながら、その後の行動を考える。
夫が、”苫小牧に行こう”と言い出した。なんで苫小牧?
”なんかさー、ネットで北海道情報を検索してるとき、
目に飛び込んできたんだよね、苫小牧って字が”って。
なんだ、その理由。
闇雲に動くのは疲れる元なので、
とりあえずコンビニに行ってガイドブックを見ることに。
見ると、苫小牧の情報なんて殆ど無い。
観光要素は何もないってことだろう。
”どうする?”って聞くと、”別に行かなくても良いよ”と言う夫。
”じゃ、これからどうする?ホテルに向かう”と聞くと、
”まだちょっと早いかなー”と。”じゃ、どうする?”と更に聞くと、
”苫小牧行こう”と。どれだけ気に入ってんだよ、苫小牧。
”じゃ、行こうよ。時間的にも丁度良いし、とりあえず行ってみようよ”
と言うことで、苫小牧へ行くことに。

着いてすぐ、”観光案内所”に飛び込む。
”時間はどれくらいありますか?”と聞かれた。
駅回りを見る限り、そんなに見るところあるの?って感じだけど・・・。
夫が地図で説明を受け、行き先が決まった。苫小牧科学センター。
そこには、1986年に旧ソ連(現ロシア)が打ち上げた、
世界初の長期滞在型宇宙ステーション、ミールの現物があるという。
あの、TBS社員の”秋山さん”が行ったことで有名な。
なんでも、市制50周年を記念して、ロシアから寄贈されたそうな。

駅からかなり歩いた気がする。海風が冷たい。
科学センターに着くと、人っ子ひとりいなかった。
ミール展示館の入り口に、おじさんがひとり座っていて、
”入っても良いですか?”と聞くと、”ご自由にどうぞ”と言われた。
”宇宙ステーション”って意外と小さいな。
実際は、そこに飛んできたロケットとかがドッキングしたり、
あるいは、宇宙ステーション同士がドッキングしたりするんだって。
中を実際に見ることもできた。
夫と二人、”ふーん”、”へー”、”凄いねー”なんて言いながら、
ミール本体と、宇宙にまつわる展示物を見て回る。
なかなか楽しかった。

”次はどうする?”、”冬の海でも見てみますか”。
夫の提案で、街を南下する。
でも、海がなかなか見えてこない。日も落ちて、体感温度が下がる。
寒さに耐えきれなくなり、海を見るのを途中で断念。駅に戻ることに。
結構歩いたなー。せめて荷物を駅のロッカーに預けるんだった。
時間的にも、そろそろホテルに向かおうか、と言うことで、札幌へ。
この時の行動を、後々まで後悔することになる。
”あの時、ミールを見たらちゃちゃっとホテルに戻ってれば・・・”って。
夫は、この時、海を見ようと歩きすぎたことの疲れが、
その後の日程に影響を及ぼしたと言っていた。
次回から、旅行に行くときもアミノ酸を持って行こう。

札幌駅って、物凄く大きくて、物凄く綺麗。
ホテルは地下鉄で2駅と、駅から割と離れてたんだけど、
夫が、”ラーメン食べて帰ろう”と言うので、歩くことにした。
目的地は、”ラーメン横町”。夫が前もって調べていた。
ただ、”調べていた”のは”ラーメン横町があること”だけだった。
どこにあるのか全く分からない。
仕方なく、携帯の検索しサイトで調べて、住所を確認。
札幌の街は、京都とかと同じで、道が数字になってる。
例えば、”南1西3”みたいに。それでなんとか見つけることができた。
この、夫の”調べた”に、この後も終始振り回されることになる。

細い路地に立ち並ぶラーメン店。
中には、芸能人の色紙がびっしり貼ってあるお店もある。
店紹介の写真に惹かれ、”一粒庵”と言うお店に向かう。
札幌と言えば、やっぱり味噌ラーメンでしょう、と言うことで。
開店時間は19時で、まだ5分前だった。
ひとり、待ってる人がいたので、その人の後ろに並ぶ。
あちこちのお店から、ダシの良い匂いが漂ってくる。
開店時間になり店に入ると、カウンターだけのこぢんまりしたお店。
10人は座れないと思う。
”初めての店はオリジナルから”と言う夫の言葉に従って、
一番シンプルな味噌ラーメンを戴く。
器がちょっと小さめで、量も丁度良く、とっても美味しかった。
お腹の芯から温まり、ホクホクしながら店を出た。
向かいの、”天然塩の塩ラーメン”と言う看板が目に入り、
夫が、”ここも食べてみたいねー”と言ったが、
結局、ラーメン横町では、この店でしか食べられなかった。

ホテルに向かう道すがら、豚まん店を発見。
横浜の中華街みたいに、店先に大きな蒸籠が並んでいる。
ラーメンが小振りだったせいか、夫が”食べたい”と言い出し、
”豚まんオリジナル”と”豚まん辛口”を買うことに。
今まで食べた豚まんの常識を覆す、とても美味しい豚まんだった。
アンの感じが違う。夫も”美味い、美味い”とご満悦だった。
夫は、翌日も夜中にひとりで買いに出て、3つ食べたらしい。
で、”持ち帰りはできませんか?”と聞いたら、
FAXでの注文用紙をくれたらしく、早速注文しようと思っている。

除雪してあると言っても、雪の残る道。
現地の人達は、ピンヒールとかですたすた歩いてる。
それがちょっと不思議だった。
なんであんな靴であんなに普通に歩けるの?って。
現地の人と観光客は、歩き方で見分けがつく。
後でタクシーの運転手さんに聞いたら、
多少、雪道に強い靴底になってるとは思うけれど、慣れですよ、と。
慣れって凄い。

ホテルに到着すると、我が家が一番最後だったらしい。
チェックインもバラバラなので、特に問題はない。
同室の女の子は食事に出ているらしかったので、メモを残し、
浴衣に着替えて、ホテル内の温泉へ。
ホテルなのに露天風呂があって、これが気持ち良いのなんの。
壁で囲われてるので空しか見えないんだけど、
外気がキーンと冷たく、時折雪が舞ってきて、ホントに素敵。
歩き疲れて冷たくなった体を芯から温め、
マッサージを受けた夫からの連絡を待って、ラウンジで飲むことに。
途中、夫の上司と後輩くんに会い、”一緒にどうですか?”と誘い、
4人でラウンジに上がった。実はこの上司、密かに憧れてる人。
妻子持ちだし、別にどうこうなりたいってわけじゃないんだけど、
ちょっと好き。
後で考えたら、ゆっくり話したの、初めてかも知れない。
確か、引っ越し祝いのホームパーティーに来てくれたときも、
30分程度で帰っちゃったんだった。
やっぱり可愛い人だなーって思った。夫と同じ匂いがする。

1時間くらい歓談してお開き。
疲れた体にアルコールが入ったせいで、爆睡だった。
途中、同室者の歯ぎしりで何度か目が覚めた。
本人には言わなかったけど。
ストレス溜まってるんだろうか、って、夫には後で話した。
一応、彼女の上司は夫なので。

|

« いざ | トップページ | 北海道旅行・2日目 »

コメント

らうさん、こんにちは~お帰りなさぁ~い!

やっぱり楽しんじゃいましたね♪
今日のブログはちょっとした観光ブックの価値あり!
ですよぉー!
ダンナさまが3個も食した豚まん!
かなり気になります、、、
冬の北海道はスキーでしか行ったことないので
美味しいもの食べにだけ私も行きたいです~
2日目はなにが起きるのかな♪楽しみです!

土曜に採卵終了、本日移植になりました。
いままでの足止めが嘘のように進んでいます~
でも、まだまだスタートしたばかりなんですよね、、、
はじめてのお迎え行ってきます。

投稿: on | 2007年2月19日 (月) 10:50

はい、すっかり満喫しきってしまいました。(^^;)
さすが北海道、美味しい物が沢山あります。
冬の美味しい物は、殆ど食べて来たので、今度は夏かな?

ワタシが北海道で駆け回っている間に、
onちゃんは着実に移植に辿り着いていたのですね。
ホントに良かったですね。(^^)
今頃、お腹に卵ちゃんを迎え入れた頃でしょうか。
これからは初めての道のり、色々心配事もあると思いますが、
卵ちゃんの生命力を信じて、暖かくして過ごして下さいね。
良い結果がもたらされること、ずっと祈ってます。(^^)

投稿: らう | 2007年2月19日 (月) 13:12

この記事へのコメントは終了しました。

« いざ | トップページ | 北海道旅行・2日目 »