« 腰痛 | トップページ | 手料理 »

2007年2月23日 (金)

鍼灸

雨の中、2週間ぶりに鍼灸院へ向かう。
この日がどれだけ待ち遠しかったか。
もしかしてワタシ、先生に惚れちゃったのかも知れない。(笑)

雨の割に、外気は冷たくなかった。

”こんにちは~”とドアを開けると、挨拶もそこそこに、
もうひとりの先生となにやら議論中。
手に道具様の物を持って、あーでもない、こーでもない、と。
着替えながら聞きかじったところによると、
どうしたらもっと感覚を研ぎ澄ませることができるか、と言うことが
テーマだったみたい。なんと向学心旺盛な先生達。

着替えが終わって声をかけると、
”お久しぶりです。元気でしたか?”と笑顔を向けられた。
旅行に行っていたこと、お灸ができずに印が消えてしまったこと、
また少し、足先と肩に冷えを感じること、
左手の親指の付け根が相変わらず痛むこと等々、自覚症状を話した。
”出てる出てる”と、いつもの通り施術が始まると、
”先生、これこれ。これ、分かります?”とかなんとか、
もうひとりの先生に確認するように促す。
”ん?こっちかこっちのような気がする・・・”とかなんとか言いながら、
その先生もワタシの体の上に手をかざす。
”あ、この人、院長先生です”と紹介された。そうなんだ。
初回から見かけていて、前回予約を取り間違った先生。
この人が院長先生なんだ、と思った。
”怪しくて頼りなく見えますけど、院長です”と挨拶され、
思わず笑ってしまった。
その後、表側(?)の施術中ずっと、二人であれこれ確認していた。
”もっと沈ませないと効果が分かりにくいんです”とかなんとか。

いつもより打たれる鍼が痛く感じた。
意図的に深く打ってる場所もあったみたいだけど、
ここのところ、なんとなく体のバランスが崩れてる気がしてたから、
そのせいかも知れない。
それでも、やっぱりこの先生には安心して身を委ねられる。
信頼関係ができてきたのかも知れない。

腰が痛くて、思うようにウォーキングできなかった、と話すと、
”ホントだ。出てますね。何かしたんですか?”と聞かれ、
”同じ姿勢をずっと続けているせいだと思います。
テレビとかパソコンとか”と言うと、
”パソコンの前に長時間座っているのは絶対ダメですよ。
それならまだ、10分でも15分でも散歩した方が全然良い。
腰が疲れると、卵巣・子宮の血流も悪くなりますから”と言われた。
分かっちゃいるんだけどねー。
せめて、”1時間以上連続して座っていちゃダメ”って言葉だけでも
守ります・・・。

いつもそうだけど、1時間なんてあっと言う間。
次の患者さんが来ていた先生は、早々に隣のベッドに移り、
受付には、前回施術してもらった女性の先生が立っていた。
次回の予約を取り、ぼわ~んとした気分で外に出る。
”風が強まり雷が鳴って、大荒れの天気”って予報では言ってたけど、
空は明るく、雨は小降りになっていた。

新宿まで歩く。
お願いしていたリングの歪み直しが仕上がったと、先週電話があった。
それを受け取りに行くついでに、
使わなくなったアクセサリーを買い取ってもらおうと持参していた。
それと、同じく歪んでしまっているエンゲージリングも、
きちんと整形&クリーニング&磨き上げてもらおうと持って行った。
預けていたリングは、まるで新品?って言うくらいに綺麗になっていた。
”大きなキズ直しはしていないんですけれど”って言われたけど、
それでも充分すぎるくらい綺麗だった。
普段使いにしようと思ってたのに、はめるのがもったいなくなっちゃう。
実は、その出来上がりを見てエンゲージリングを預けようと思っていた。
こんなに綺麗になるなら、やってもらわない手はない、と、
”これもお願いします”と差し出した。3日くらいで仕上がるとのこと。

更に、”前回伺ったとき、買い取りもしていると聞いたので、
使わない物をじゃらじゃら持ってきたんですけど・・・”と言うと、
”はい、結構ですよ。ではこちらに出して下さい”とトレイを出された。
バラバラと袋を開けると、”ではちょっと拝見させて下さい”と。
見始めて5分くらい経った頃、”もし、このままお買い取りで良ければ、
石を外させて頂きたいんですけど、どうしますか?”と。
量り買い取り(?)なので、石は外さなきゃいけないらしい。
”もし迷われてるなら、大体の重量で見積もりますけど”、と言われ、
売る気で持って行ったので、”取ってしまって構いません”と告げた。
”分かりました。では外させて頂きます”と、黙々と作業を始めた。
”も、もしかして、これ全部今やるの?”と一瞬ひるんだ。
結構細かい作業で、ちまちまとひとつずつ、確認しながらやっている。
まぁしょうがないかー、と思い、じっとその手元を見つめていた。

見ていると、殆ど手を付けない物、石を付けたままメモを取る物、
いくつかのパターンがあることに気付いた。
そのうち、”あ、あれは買い取りできないグループだな”とか、
”これはもしかして、プラチナなのかも?”とか分かってきた。
30分くらいかかっただろうか。おもむろにトレイを差し出し、
”これがプラチナ、これがホワイトゴールド、これが18金です。
こちらはちょっと、刻印がないので素材が分かりませんので、
買い取ることができません”と。
更に、”シルバーの買い取りもやっているのですが、
100g以上からで、こちらですと45gくらいしかないので、
なにかご自宅に、925以上の純度の物があれば、
例えば食器でもスプーンでも、合わせて100g以上お持ち頂ければ、
買い取りさせて頂きます”と言われた。
結構な量持って行ったんだけど、シルバーって意外と軽いのね。

結局、プラチナ、K18、K18ホワイトゴールド、K14ホワイトゴールドを
買い取ってもらえることになった。全部で4万円強。
正直驚いた。せいぜい5、6千円程度だろうと思ってたから。
後で聞いたら、プラチナは1g4,000円で買い取ってくれるらしい。
その日の相場らしいんだけど。
”プラチナは財産価値がありますよ”と言われた。なるほど。
買ったときの半分くらいにはなっちゃうと思うけど、
どうせ使わない、思い出も特にない品物なら、売るのもありだな。
外した石を綺麗に箱に入れてくれた。
なんだかちょっと得した気分で店を後にした。
買い取り金額が思いの外高かったのももちろんだけど、
作業工程を見ているのが、とっても楽しかった。
エンゲージリングがどれだけ綺麗に生まれ変わるのかが楽しみ。

久しぶりの鍼灸治療だったからか、時々眠気が襲ってくる。
特に予定もなかったので、電車で帰宅。
オルビスに寄って、無くなりそうなアイテムを3つ購入。
もう社割は使えない。元々安いんだけどね。オルビスは。

ホント、鍼灸は気持ち良い。完全にはまった。
やっぱりあの先生が好き。
施術の方法だけじゃなく、雰囲気とか物腰とか、
そういう相性が合う気がする。”合うようになった”のかも。
まだ終わったばかりだけど、既に次回が楽しみ。(笑)

ところで先生。
”このペンじゃ落ちちゃうかなー。ボールペンで書きましょう”と
書いてくれた印ですが、
帰宅したら既に消えかかってる箇所がありますよ。
しょうがないから、自分で油性ペンで上書きしました。
背中なんて手が回らなくてぷるぷるしながら、
鏡を見て印を付けましたけど、周辺に点々を一杯書いてしまって・・・。
なんとかならないんでしょうか、これ。

夫に、携帯で写真を撮っておくように頼もう。全体図の。

鍼灸治療 7,000円

鍼灸院から新宿高島屋近辺まで歩く 約50分

|

« 腰痛 | トップページ | 手料理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。