« 北海道旅行・2日目 | トップページ | 余韻 »

2007年2月19日 (月)

北海道旅行・3日目

18日 3日目

いよいよ最終日。同室者は、早々にお風呂に行った。
戻ってきた頃、内線が鳴る。
彼女が出ると、夫の同室者からで、”朝ご飯に行きましょう。
支度できたら電話下さい”と。
夫も行くと言っている、と言うので、なんだそりゃ、と思いつつ、
”ワタシは行かないので、行っといで”と同室者を送り出す。
生理の時は食欲が落ちる。朝ご飯なんて要らない。
更に、胃腸の働きが鈍るので、下すことが多い。下すと面倒だし。
戻ってきたら出かけることになるかも?と思い、渋々起きた。
身支度を整えながら鎮痛剤を飲む。
それほど痛くなかったんだけど、重さは増していた。
まだ動く予定があるので、痛みは無いに越したことはない。

一通りの支度が終わった頃、同室者が戻ってきた。
なんと、夫は行かなかったらしい。
ワタシが行かないと聞いたら、”じゃ、俺も行かない”と。
なんと勝手な・・・。
暫くすると夫から内線。”ホントに11時までホテルにいる?”と。
どうやら同室者が外に出たがっている様子。
前日の宴会で、調子こいて飲み過ぎた夫は、二日酔い気味な声。
”体、大丈夫なの?ゆっくりしてたいんじゃないの?”と聞くと、
”いや、別に大丈夫だよ”と。ホント、嫌って言えないんだから。
ワタシに対しては自己中なくせに、外面が良すぎ。
”じゃ、出ようか。○○くん達にも電話してみるから”と言って、
隣の、子連れ参加の家族に内線する。
”10時半には出られます”と言うので、夫の部屋に内線し、
10時半にロビーに降りることに決まった。

チェックアウトを済ませ外に出ると、雪。明るい雪。天気雪?
さすがの夫も歩く気力がないらしく、タクシーで駅に向かうことに。
子連れ家族とワタシの同室者が1台、ワタシ達夫婦が1台に分乗。
夫の同室者は、”時計台を見ていないので、歩いて追いかけます”と
ひとり歩いて駅に向かった。
駅に着くと、分乗者達が見当たらない。
”お土産をみんなでゾロゾロ見てもしょうがないから、
時間を区切って後で待ち合わせにした方が良くない?”と言うと、
”それならここで解散して、空港で待ち合わせれば良いんじゃない?”
と夫。だったらホテルから一緒に出る必要無かったじゃーん。
充電器を持って行かなかったので、限界ギリギリの携帯でメール。
”我が家の携帯はどっちも瀕死状態なので、この場で解散しましょう。
空港で待ち合わせと言うことで”と。結局、終始単独行動なワタシ達。

二日酔いの日はいつもそうであるように、”汁物が食べたい”と。
ランチにはちょっと早かったんだけど、ラーメンを食べることに。
駅ビルのひとつに、”ラーメン共和国”と言う場所があって、
ラーメン店が軒を連ねているらしい垂れ幕が下がっていた。
そこに行こうと言うことになり行ってみる。
エレベーターを降りると、横浜辺りで見かけたような風景。
昔風なスペースに、駄菓子屋さんがあったりなかったり・・・。
看板を見て、函館ラーメンのお店に入る。ひまわり?あじさい?
夫は塩ラーメン、ワタシは醤油ラーメン。夫曰く、”美味しくない”と。
叉焼が豚臭くて、全てを台無しにしてる、と。
大人しく、札幌ラーメン系にしておけば良かったのに。

食べ終わると13時前。
これからお土産を見たとしても、30分が限界だろう。
空港集合は16時半。札幌からは快速で40分程度。まだまだ早い。
札幌で時間を潰すか、空港で潰すか、と言う話になり、
札幌で潰すと言うことに。じゃ、どうする?と考えていると、
駅ビルのひとつの上層階に、シネコンがあったことを思い出した。
”映画でも観ようか?”と言う話になり、そうすることに。
映画なら、2時間くらいは潰せるし、座ってられるし。
そのビルに移る際、地下道を通る。
その時、こっちで言うデパ地下の名店街に遭遇した。
そこで夫が、”口に入れると溶けるキャラメルが有名なんだよ”と。
そう言えば、初日からそれを買って帰りたいと言っていた。
ところが、お店の名前も正式な商品名も不明。出た。夫の”調べた”。
あてもなく探していると、
先日、”食わず嫌い”で誰かがお土産に持ってきた、
”トマトゼリー”が目に入った。
夫も興味を持ったらしく、それを購入。自宅用に。
その時、”口に入れるだけで溶けるキャラメルがあると
聞いたんですけど”と何気なく聞いてみると、
”ここにはないんですよ”と。
夫が、”いいよ”と言うので、そこで断念した。
全く。調べるならちゃんと調べてよね。

シネコンに上がりスケジュールを見る。
”どろろ”が見たかったんだけど、それだと飛行機に間に合わない。
見られる作品の中から、”墨攻”を見ることに決めた。
夫は、”イマイチだった”と言うけど、ワタシは結構好き。
元々それ系の映画が好きなのもあるけど、主人公が格好良かった。

結構ギリギリの時間かも、と、急いでコインロッカーから荷物を出し、
みどりの窓口へ。
40分立ち乗りも疲れるので、快速の指定席券を買うことに。
16時31分空港着か。ちょっと遅れるな。
死にかけ寸前の携帯で、夫が後輩くんに到着時間のメールを投げる。
”お腹が減った”と言う夫は、ビールとサンドイッチを買い込む。
二人で旅行するときは、大概夫は運転手なので、お酒を飲めない。
今回は、食事の時も移動の時も、気兼ねなく飲酒ができる。
それだけで夫は嬉しそうだった。
”やっぱり電車の旅は良い?”と聞くと、”飲み過ぎちゃうけどね”と。
電車賃が思いの外高いので、車の方が経済的だ、と。
雪がなければレンタカーを借りたかったらしい。

空港に到着すると、更に遅れてる人達もいた。
出発の時もそうだったんだけど、みんなかなりアバウト。
幹事さんは大変だったと思う。
飛行機が空港を飛び立つとき、なんだか涙が出そうになった。
帰りたくないなーって、切なくなっちゃって・・・。
心配していた生理も、食事量を減らしたり鎮痛剤を前飲みしたり、
事前防御のお陰で、それほど難なく切り抜けられた。
案ずるより産むが易しだな、と思った。

総じて、グルメ旅行だったな。
昨日の晩御飯、外で食べようってことになったんだけど、
旅行中食べた物は食べたくなかったので、軽く焼き肉を食べた。
美味しかった余韻を、少しでも残しておきたくて。
魚介類とラーメンは、暫く外食しない。

行く前は色々心配したけど、行って良かった。ホントに楽しかった。
治療再開したら、また暫くは旅行なんてできないだろう。
夫は、”今度はゴルフができる時期に行ってみたい”って言ってる。
それも叶えられるかどうか・・・。
でもね、鍼灸やウォーキングや食生活や、
不妊治療のための、そう言う日々の努力はもちろん大切だけど、
そんなこと全く忘れて、旅行を楽しむことも、
心と体にとっては凄く良いことなんだろうな、って実感した。
お灸の印もすっかり消えちゃったし。
とは言え、毎日ウォーキング並かそれ以上歩き回ったけど。(笑)

札幌近辺に旅行に行くときは、是非、声をかけて下さい。
今回収集してきた情報、色々教えます。

|

« 北海道旅行・2日目 | トップページ | 余韻 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。