« 鍼灸院デビュー | トップページ | キムタク »

2007年1月23日 (火)

ランチデート

不機嫌顔で電車に乗る。服装が気に入らなかった。
出付けないと、やっぱりダメだね。
前もって何パターンか決めていたはずなのに、
どれを着ても、何となく決まらない。何となく似合わない。
それでも、時間ギリギリになってしまったので、
仕方なく妥協して家を出た。
服装に妥協するなんて、ワタシには有り得ないことなのに・・・。

待ち合わせ15分前に到着。丸ビルは初めて。
ショッピングフロアをフラフラして時間を潰してると、アッコからメール。
”ごめん、今お茶の水。着いたらダッシュするから、
もし、お店に先に入った方が良ければ、先に行って”と。
やれやれ、相変わらずだなー。
アッコの遅刻にはもう慣れっこなので、”時間になったら
先にお店に入ってるね”と返事をして、35階に上がる。
エレベーターを降りると、いきなり物凄い光が目に飛び込んできて、
思わす目がくらむ。
午前中はどんよりしていて、高層階からの景色を楽しみにしてたのに、
とちょっとがっかりしてたんだけど、なんのことはない。
丸ビルに着く頃には、すっかり天気が回復していた。
雪・台風・雨など、悪天候に見回れるワタシ達にしては珍しく。

予約したお店は、”AUXAMIS TOKYO(オザミ トーキョー)”。
36階の”BREEZE OF TOKYO”と迷ったんだけど、
アッコが”ランチで行ったことある”って言ったので、オザミにした。
折角だから、行ったことないお店を開拓した方が良いだろうと思って。
予約のとき、窓際の席をお願いしていた。
通された席からは、東京駅から東の景色が一望できた。
ちょっと角度が違ったので、お台場方向は見えなかったんだけど、
海が霞んで見えて、なかなかの景色だった。
5分くらい待ったかな。アッコ到着。
白いワンピースにライトグレーのカーディガン。相変わらず可愛い。
息を切らして”ごめーん”と近付いてきた。
開口一発、”顔色良いね。元気そうで良かった”と言われた。
”うん、まぁ取りあえずね”と返した。
会うのは久しぶりだったので、ちょっと照れくさかった。

スパークリングワインと白ワインが美味しかった。
やっぱり家で飲んでる安物とは違う。
料理はまぁまぁだったかな。無難な感じ。
何が一番美味しかったかなー。
前菜のホタテのカルパッチョと、生ハムとひよこ豆のムースかな。
メインを肉にすれば良かったと、後で思った。

”大変申し訳ございませんが、そろそろ・・・”と声をかけられたのは、
15時半だった。
既に、お店の中にはワタシ達しかいなかった。
確かこのお店、ランチは15時で終了のはず。長居しすぎてしまった。
13時からだから、たっぷり2時間半いたことになる。
頭を下げる店員さんに、”こちらこそすみません”と
恐縮しながら席を立った。

ワタシはそれで帰るつもりだった。長居は禁物。
アッコが、”『オアゾ』に行ってみない?”と言うので、ついていった。
ワタシは元々誰かと買い物って言うのが苦手。
しかも今、購買意欲が全くない。欲しい物が余りないというか。
目先が別のことに集中してるせいだと思うけど・・・。
唯一興味を持ったのは、東急ハンズが出店してるコスメショップ。
色んな色、色んな香、色んな形の色んな雑貨が溢れていて、
おもちゃ箱と言うか、宝石箱みたいで綺麗だった。店全体が。
アッコは、イエローベースの化粧下地を探していた。
”珠緒ちゃんがテレビで、
『イエローベースは顔色が良く見えるんですよ~』って言ってたんだ。
そう言えば彼女、顔色良く見えるし”って。
そりゃ芸能人だから、専属のメイクさんが頑張ってくれるだろうし、
下地だけの問題じゃないと思うよ、と思ったんだけど言わなかった。
結局、お目当ての物が見つからず、そのお店を後にした。

その後、特に見たい店も見つからず、”どうする?”と聞かれた。
その口調から、まだ帰りたくないんだなーと思った。
正直言うとワタシは帰りたかった。夫が帰ってくる前に。
でも、”何か希望がある?”と聞き返すと、
”この辺でウロウロするか、場所を変えるか・・・”と言い出した。
目的もなくウロウロ、って言うのが、実はワタシ、一番苦手。
”どっかでお茶する?”との提案に、”そうしよう”とオアゾを出た。
アッコは割と丸の内近辺に詳しい。職場が近いから。
聞くと、東京駅の駅ビルに、1,000円で飲み放題の店があるという。
ワタシはそれほど飲む気はなかったけど、
ちょっと興味があったので、そこに連れてってもらうことにした。
”洒落た店じゃなく、おじさん率高いよ”と言われて入ってみると、
確かにその通りだった。
まだ17時前だというのに、スーツ姿のおじさんだらけ。
思うに、出張で来た、とか、出張帰り、とか、
そう言うおじさん達だと思う。場所柄。

夫からのメールに気付いたのは20時ちょっと前だった。
なんだかんだで3時間居たことになる。それも凄いな。
実はちょっと居心地が良かった。
決して静かとは言えないし、いわゆる”居酒屋”なんだけど、
ざわざわしていても耳障りじゃない。
なんて言うか、うるささが耳に付かない。
多分、年齢層が高いせいだと思う。
新宿とか渋谷の居酒屋は若造が多い。
若造の騒ぎ方は、とっても耳障りで居心地が悪い。
おじさん達って、意外とお行儀良く飲んでるんだなーと思った。
あの雰囲気、ちょっと好きかも。

”ごめん、今、外で飲んでる。すぐ帰るから”と夫に返事をして、
”じゃ、そろそろ帰ろうか”と席を立つ。
アッコはなんだか物足りなそうな顔をしてたけど、もうダメ。
これ以上一緒にいると、多分次に会うのが億劫になってしまう。
人間関係は、”加減”が大切。
駅に向かいながら、”月曜日は大体会議が長引いて、
帰ってくるのは23時とかなんだ”とアッコが言った。
なるほど。旦那さんが遅いから、もっとゆっくりしていたいんだな。
案外うるさいから。アッコの旦那さんは。

不倫相手の彼との話を沢山聞かされて、ワタシはもう、お腹一杯。
分かっていたことだし、覚悟もしていた。
不倫のことはワタシにしか話していないと言う。
だから、お腹の中を吐き出せる相手はワタシしかいないんだろう。
別れてからのメールには、”らうと会うと、
楽しいだけじゃなくすっきりする”と。それが全てを物語っている。

丸ビルの35階でフレンチランチを頂いて、
東京駅の駅ビルの居酒屋で飲み放題のお酒を飲んで、
途中、スーパーで卵を買って、
家に帰り着いたのは21時を回っていた。
デート代は、締めて7,235円也。あら、結構リーズナブル。
程良い疲れが残ったけど、
流産後初のリハビリとしては上々だったかな。
たまには大好きなお洒落して、街中に繰り出すのも悪くない。
”来月もランチしよう!”のメールには、返事してないけど。

帰宅すると夫が、”今日はどこに行ってたの?”と聞いてきた。
顔がちょっと引きつってた。
夫が帰ってくる前に帰って来るつもりだったので、
ランチに行くことは前もって言ってなかった。
途中メールしたときも、”ごゆるりしてくれば?”と返事が来た。
夫は、基本的には束縛しない人。
だから、”どこに行ってたの?”と聞く行為が、
自分でしっくりこなかったのかも知れない。
別に問いただされた風じゃなく、ただ聞かれただけなんだけど。
アッコとデートだったことを話すと、”良かったねぇ”と一言。
聞いておきながら、余り興味はない様子。まぁ、いつものことだけど。

|

« 鍼灸院デビュー | トップページ | キムタク »

コメント

らうさん、こんにちは!
今日のブログ”ふふっ”って笑えるところが多々あって
面白かった(ゴメンナサイ!)です。
途中、私も感じるようなコトがたくさんあるんですもの!
アッコさんに似た友人が私にもいて…未婚なんですけどね。
不倫話からカレとの付き合い方から~とめどなく話は続きます。
ウィンドウショッピングも私にとってはダラダラショッピングに
思えちゃったりして…(失笑)
最後も、このらうさんにこの旦那さま、とても良い関係に見えます!とっても良いですね!!!

投稿: on | 2007年1月23日 (火) 11:10

それでも彼女が一番の友達なんですけどね。(笑)

流産後に沢山の人が心配してくれて、
”ご飯でも食べよう”って誘ってくれたのですが、
なんだか気が乗らず、ずっと断ってきました。
でも、ワタシ自身、そろそろ外に出た方が良いだろうなーと
思い始めていて、”じゃ、誰と?”って思ったとき、
真っ先に浮かんできたのは彼女でした。
実際、久しぶりに会って、やっぱり彼女で良かった、
と思いました。
長い付き合いなので気心も知れているし、
基本的には気持ちを押しつけるタイプの人ではないので、
できるだけ話を引き出すようにしてます。
彼とのことはワタシしか聞いてあげる人がいないし、
その辺の力関係には慣れっこなので。

夫は嫉妬心と無縁な人なので、
たまには心配して欲しいなーと思うこともあります。
きっと、”男友達と会ってきた”と言っても、
”ふ~ん、楽しかった?”と言われたと思います。
普段は、”旦那が働いてるときに、
優雅にランチな主婦なんて許せない”と言っていますが、
”丸ビルの35階でフレンチコース食べてきた”と言ったら、
”へ~、良かったじゃん”と笑顔でした。
時々、本心はどうなんだろう?と思ったりしますよ。(苦笑)

投稿: らう | 2007年1月23日 (火) 11:51

らうさんって、つくづく文章がうまいですよね。
いつもそう思ってたけれど、今回は特にいい感じですね!
なにか、小説を読んでいるかのようなそんな気になりました。

らうさんとこのお友達の関係、いいですね。
まるで恋人同士のような感じもあったり、姉と妹のようなところもあったり。
らうさん、とっても大人の女性なんだなーって思いました。

らうさん、鍼灸院デビューなんですね!
onさんもデビューだし、みんな頑張ってるなあ^^
らうさん、鍼灸院の感想をまた聞かせてくださいね。
相性のいい鍼灸院だといいですね^^頑張って♪

投稿: ケナリ | 2007年1月23日 (火) 12:42

ありがとうございます。(^^)>文章がうまい
思ったことを、できるだけ考えすぎず、
余計な手垢を付けず、
ストレートに表現するようにしてます。
なので、誉めて頂けると、とても嬉しいです。(^^)

onさんも鍼灸治療始めることになったんですね。
鍼灸のことを色々調べているうち、
これは、妊娠だけじゃなく、日常的な体の不調や、
慢性的な疾患にも良いんじゃないか?って思うようになりました。
なので、妊娠してもしなくても、続けるかも知れないです。
ずっと気になっていたけれど、腰が重かったのですが、
ケナリさんにきっかけを頂いたので、感謝感謝です。

P.S.ケナリさんのブログから、メールって送れないんですよね?

投稿: らう | 2007年1月23日 (火) 14:57

らうさん^-^
度々おじゃまします!

私のblog、メールOKですよ♪
アドレスはこちらです!

kenari5442@mail.goo.ne.jp

投稿: ケナリ | 2007年1月23日 (火) 18:23

ありがとうございます。
早速メールしました。(^^)

投稿: らう | 2007年1月23日 (火) 19:19

この記事へのコメントは終了しました。

« 鍼灸院デビュー | トップページ | キムタク »