« 頭痛 | トップページ | ランチデート »

2007年1月23日 (火)

鍼灸院デビュー

鍼灸院の候補は5つ。
色々調べまくって、不妊治療専門的な所を探した。
それぞれのホームページを見て、更に細かく調べていく。
ワタシの場合、重視したいポイントがあった。
それは、妊娠した後も施術を続けてくれるところ。
2度の初期流産を経験してるから。
いくら”原因は胎児側の問題”と言われても、
母胎に自信があったか、って言われたら、ちょっと疑問だし。
中には、”妊娠判定を持って卒業”なんてところもあった。
不妊治療に関しての施術は。それは即対象外。
それと、妊娠してからも通うことを考えると、
アクセス的に通いやすい所の方が良いだろうなーって思った。
実際、クリニックに通った後、必ずお腹が張ってたし、
移動の負担を体にかけるのは、ちょっと怖い気がした。

で、最終的に3つの候補に絞られた。
金額的な問題もあったので、そのうちのひとつ、
比較的安めなところに電話をかけた。
受付開始時間を過ぎてるのに、なかなか繋がらない。
その盛況振りが伺われる。
やっと繋がって、”初診の予約を取りたいんですけど”と告げると、
”初診の予約は・・・”と何やら調べてる様子。
”今、初診の方がとても沢山いらっしゃって、
一番早くても、2月の27日になりますが宜しいですか?”って。
に、2月27日?なんだそりゃ。
いくら今、調整期間で急いでないとは言え、
1ヶ月後なんて有り得ない。
”分かりました。また検討してご連絡します”と電話を切った。
相手は、”はぁ”とちょっと気の抜けた返事をした。
それでも初診予約を取りたい!って言われると思った風だった。

やっぱり今、鍼灸って密かなブームなんだなーと思いつつ、
気を取り直して2軒目に電話。
受付開始時間が同じだったので、また繋がらないかなーと思ったら
すぐに繋がった。
余談だけど、ワタシは、電話に出てすぐ、
”お電話ありがとうございます”って言う所が好き。
客商売をしてる所は。それが基本だと思うんだよねー。
ちなみにそこは、明るくそう言われて、なんだか気持ちが良かった。
初診の予約だと告げると、やはり少し待たされた。
”今、初診がとても混んでまして・・・”。あ、またか。
”お時間とか、ご希望ありますか?”と聞かれて、
”特にありません”と答えた。
”院長先生ご希望ですか?”と聞かれて、”いいえ、特に”と答えた。
”○○先生ご希望ですか?”と聞かれて、
”初めてで良く分からないので・・・”と言うと、”あ、分かりました”と。
”初診で一番早い日時だと、26日がありますが、大丈夫ですか?”
と聞かれ、”はい、大丈夫です”と即答した。
1ヶ月待ちに比べれば全然問題ないじゃない。

・・・と言うことで、無事に予約を入れた。
絞った3つの中では、一番施術料がかかるところだけど仕方ない。
一番行きたいと思ったところは、ちょっとアクセスに時間がかかる。
って言っても30分程度なんだけど、
乗り換えとかなんとか考えると、妊娠してからが大変かな、って。
決まったところは、3つのうちでは3番目だったけど、
何せ鍼灸は初めてなので、取りあえず行ってみて、
合わないようなら変えても良いかな?って思って行くことにした。

ちなみに、鍼灸院には夫に内緒で通おうと思っていた。
夫は、ひとつのことに余り熱心に打ち込みすぎるのを
嫌う傾向があるので。
日曜日の夜、鍋をつつきながら何となく話してみた。
意外にも夫は、”良いんじゃない?できることはやってみたら”って。
今回のことで、夫の意識も大分変わった気がする。
事実、流産後も率先してキッチンに立ってくれるようになった。
色んな意味で、変化の時期なのかも知れない。ワタシ達も。

それもあって、鍼灸治療への行動が一気に早まった感じかな。
夫が背中を押してくれた、って言うか。
ホントに有り難いと思ってる。

・・・ってことで、いよいよ今週末、鍼灸院デビューです。

|

« 頭痛 | トップページ | ランチデート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。