« セックスレス | トップページ | 仕事したい »

2007年1月 8日 (月)

補足

誰かに対してストレスを感じるとき、
それは往々にして、その人が自分の思い通りにならなかったとき。
何かを期待していて、あるいは自分の型にはめようとして、
その思惑が外れたとき、腹を立て、ストレスが溜まる。

初めから期待しなければ、裏切られることもない。
結果、ストレスが溜まることはない。
人は変わらない。価値観は同じじゃない。
”この人はこういう人”と割り切って、”こういう人”その物と付き合う。
それが、相手を認めることでもあり、ストレスを避ける手段でもある。

その結論に達して、ワタシは夫に期待することをやめた。
瞬間的にムカッときたとき、一瞬自分に問いかける。
この感情は相手が悪いから?
それともワタシの思い通りにならないから?、って。
8~9割が後者かな。
だったらワタシが悪い。期待したワタシが悪い。
相手を自分の型にはめようとしたワタシが悪い。
自分の思い通りにしようなんて、エゴ以外の何物でもない。
だから、相手に腹を立てるのは筋違い。そう思って納得する。

例え相手が100%悪い前者だったとしても、
”この人はこういう人なんだから仕方ない”と納得する。
嫌なら付き合わなきゃ良い。
それでも付き合いたいなら、この人のそのままを受け入れるしかない。

どっちに転んでも怒りが薄れていくのは確実。
それは、諦めるとか、関係が冷めるとか、そんな次元の話じゃない。
寧ろ、相手を尊重し、そのままを受け入れる行為だから、
ホントに大切だと思える人にしか通用しない手段だと思う。
その人との関係性を続けていきたいと思うからこそ。

どちらかというと瞬間湯沸かし的な性格のワタシが、
その結論に達し、実行できてることは、奇蹟に近いかも知れない。
でもね、やってみると意外と自分も楽なんだ。
いかに今まで、自分の型にはめようとしてきたかも自覚できたし。

そう言えば、随分前、夫に、”○ちゃん(ワタシ)が怒るのは、
俺が自分の思い通りにならなからでしょ”って言われたことがある。
その時は、ワタシはそんなに傲慢じゃない、って思ったけど、
結局夫の言う通りだったことになる。
夫は元々、人の怒りを冷静に見る人だからなー。

諸刃の刃で、ダメとなったら二度と修復が効かない側面もある。
この人はこういう人なんだから、と受け入れるってことは、
それによって完全に拒絶する可能性も秘めている。
人間って、そう簡単に変えられるものじゃないと思う。
自分を変えるのだって大変なのに、ましてや第三者なんて。
凄くシンプルな考え方だけど、ワタシの場合、結構難しかった。
性格的に。
最終的には、夫との関係性だけじゃなく、
全ての人間関係に於いてもその考えを適用させたから、
自己鍛錬にもなった。

初めからそうやって生きてる人もいるんだろうけどね。
ワタシは一昨年の夏、ようやく気付けた。
お陰で随文楽になった。自分も。

|

« セックスレス | トップページ | 仕事したい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。