« その日⑤ | トップページ | ようやく »

2006年12月18日 (月)

術後検診

※流産の経過をまとめて読みたい場合は、
 ”カテゴリー”の”IVF3周期目・妊娠3ヶ月”をクリックすると、
 続けて読めるように設定してあります。
 ノートに書き出したところ、とても長くなってしまったので、
 ”その日”として、細切れにアップしています。

術後検診に行ってきた。
1週間ぶりのクリニック。
受付から会計まで、1時間15分くらいだった。
余り混んでなかったのと、血液検査がなかったからかな。

受付で、保険会社提出用の診断書をお願いした。
”1週間くらいかかります”と言われた。作成費もかかる、と。
1度経験してるので、その辺のことは承知してる。
”分かりました、お願いします”と書類を預けた。

間もなく内診に呼ばれる。
ボーっとした感じの若い先生に内診してもらった。
ワタシの中では、余り印象の良くない先生。
ちょこっとプローブを入れて、”体は問題ないですよー”と。
あっと言う間に終わってしまった。
診察室にもすぐに呼ばれ、”次は2週間後くらいに来て下さい”って。
2週間後って、元旦なんですけど。
”くらい”って言われたので、前後しても良いだろう。
まぁでも、大晦日とか元旦なら、空いてるかも知れないな。
お風呂に入って良いかどうか、聞くのを忘れてしまった。
どっちにしても、ちゃんと出血が止まってからの方がいいだろうな。

昨夜、とっても憂鬱だった。行きたくないなーって。
嫌なことを全部思い出しちゃいそうで。
1週間しか経ってないのに、1週間前とは全く違う。
同じ空間で、そのギャップに耐えられるかどうか。
実際、前回と同じ内診室に呼ばれたときは、げっ、と思った。
結果的には、割と平気だったけど。

診察が終わってエレベーターを待ってるとき、
携帯に着信があったのに気付いた。夫からだった。
滅多に電話してくることはないので、何か休養かな?と思い、
4Fに降りてから折り電すると、社員旅行の話だった。
夫の会社は、今までそう言う催し物ってなかったんだけど、
今期からしよう、ってことになったらしい。
で、”一応欠席にしちゃったけど”って。

今後のスケジュールは全く分からないので、
”まぁしょうがないねー”って言ったんだけど、
帰る途中、メールが来て、”参加に変更しておいた”って。
”直前にならないと分からないけどね。日程は?”と返事をすると、
”2月○日~○日、2泊3日で札幌だそうです”って。
ふ、冬の札幌?渋すぎ。
社員旅行なので、個人の持ち出しは、各日の昼ご飯代と、
お土産とかのオプションだけらしい。
団体行動とは言え、かなり魅力的なプランだな。

”治療再開をちょっと延ばしても行こうか?”と返事をすると、
”カニとラーメンはやっぱり捨てがたい?”と。
治療を延ばしても生理が当たるかも知れないので、
それはそれで心配だけど、一応、参加することにした。
まぁ、ドタキャンはやむを得ず、ってことで。

久しぶりにバスで帰ってきた。。
妊娠する前は、帰りはバスに乗ることも度々あった。
電車の方が早いんだけど、バスが好きなのと、
家の近くで途中下車して歩くのも気持ち良かったから。
妊娠中は、振動に気を使ったのと、
やっぱりちょっと時間がかかるのとで、乗るのを控えていた。
ゆっくりバスに揺られて窓外の景色を見てると、
気持ちがゆったりする気がした。

時間は絶え間なく流れる。
気持ちは止まっているように思えても、着実に変化してる。
今は、その流れに逆らわず、身を委ねてみようかな、と思ってる。

内診 2,100円

|

« その日⑤ | トップページ | ようやく »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。