« 色々 | トップページ | 14歳の母 »

2006年12月20日 (水)

泣いた

昨夜、術後初めて夫の前で泣いた。
今までずーっと、隠れて泣いてたんだけど。

夜中帰宅した夫に食事を出し、向かいに座ってお茶を飲む。
いつもの光景。
その時、”なんかねー、今回はなかなか復活しないんだよね。
前回は割とすっぱり割り切って、寧ろ行動的になれたんだけど、
今回は、精神的になかなか回復できない。
何をしたいとか、何を食べたいとか、どこへ行きたいとか、
そう言うことを能動的に考えられないんだよね”って。
夫は、”『次もやったるでー』って勢いじゃなかったの?”って。
そう。夫の前ではそうやって振る舞ってきたから、
前向きにやる気満々だと思っていても無理はない。
”実はそうでもないんだ。できれば2週間前に戻りたい”と言うと、
”そうなんだ”と。

食事が終わってコタツに入り、片付けを済ませたワタシに
両手を広げる夫。
これは”おいで”的なポーズで、ハグを要求するポーズ。
黙って夫の肩に頭を預けると、いつものように背中を軽く叩く。
子供をあやすように。
涙が溢れてきた。我慢しなくても良いか、って思った。
涙を拭いているのに気付くと、”辛かったもんね。
○ちゃんにばっかり辛い思いさせちゃって”って、
両手に力を入れて抱きしめてくれた。更に涙が出た。
暫く泣いて、少し放心状態になった。
様子を伺うように夫はテレビを見始めた。

多分、もう二度と夫の前では泣かないと思う。
気持ちを伝えることは大切だから、今回は本音を話して泣いた。
事実夫は、ワタシがかなり萎えていて、
回復できずにいることに気付いてなかった。
それを伝えられただけで良かったと思うし、充分だと思う。
これ以上夫に涙を見せることは、マイナスになると思う。
夫は夫なりにショックだったと思うし、傷ついてると思うから。

夫は今日、義父と義父の友達とゴルフ。
朝5時に起きて出かけて行った。
お陰でワタシは二度寝しちゃって、起きたのは10時過ぎ。
平日に仕事休んでゴルフなんて、なんて贅沢な。
でも、夫にも息抜きは必要だと思うし。
いつもは日付が変わる頃帰ってくる夫だけど、今日は早いだろう。
平日の夜、一緒にご飯を食べられるのは珍しい。
夫の好きな物を色々作って待っていよう。

|

« 色々 | トップページ | 14歳の母 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。