« その日③ | トップページ | その日⑤ »

2006年12月18日 (月)

その日④

手術から1時間後、看護師さんがやって来た。
”お腹の痛みはどうですか?”と聞かれ、”大丈夫です”と言うと、
”ガーゼが1枚入っていますので、トイレに行ってガーゼを抜いて
声を掛けて下さい”と言われた。
立ち上がって振り返ると、術着とベッドを汚してしまっていた。
出血してるのにガーゼ1枚突っ込むだけなんて、
それはちょっと無謀だろー?と、後で思った。
前回は確か、大人用のオムツをされた気がする。

指示通りトイレに行ってガーゼを抜くと、結構出血していた。
変な言い方だけど、久しぶりの血だなー、って思った。
約2ヶ月、生理が無かったわけだからね。
余りの出血量にちょっと心配になったので、
トイレに常備してあったナプキンをひとつ拝借した。
オリモノシートはしてるけど、それじゃ間に合わない気がして。

トイレを出て看護師さんに声を掛けると、
”じゃ、着替えてからまた声を掛けて下さい”と言われた。
その時、術着とベッドを汚してしまったことを告げた。

着替えるとき、拝借してきたナプキンをあてた。
後になって、正解だったな、って思った。
動くたびに出血したから。
術後、看護師さんが指示するべきじゃないかなーと思った。
ナプキンをあてるように。
当然用意して行ってないから、手渡すとかなんとか。

着替え終わって声を掛けると、薬を2種類と、
”子宮内清掃後の注意”と書かれたプリントを渡された。
その場で色々説明してくれるんだけど、殆ど頭に入ってこない。
言ってることは全て書いてあるようなので、
後でプリントを見ればいいや、と思って、適当に返事をした。
”4Fでお会計を待って下さい。お大事になさって下さいね”と言われ、
”お世話さまでした”と頭を下げてリラックスルームを後にした。
廊下には2人しかいなかった。
伏し目がちにエレベーターへ向かった。

細かいことを言うようだけど、もっと配慮するべきでは?と思った。
例えば、ベッドに筒抜けの看護師さん達の歓談とか、
術後のナプキンとか、注意書きのプリントの言葉遣いとか。
治療以外の行為に関しては、杜撰なのかな?と思ってしまった。
どっちにしても、腑に落ちない点をいくつか感じた施術だった。

|

« その日③ | トップページ | その日⑤ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。