« その日① | トップページ | その日② »

2006年12月14日 (木)

スティッチ

流産してから、ずっとスティッチを抱けなかった。
妊娠してるとき、不安なことがあると抱きしめていた。
柔らかくて暖かいその肌触りが、
いつでも気持ちを穏やかに安心させてくれた。
だから、抱くと涙が止まらなくなる気がして。

さっき、久しぶりに抱き上げて胸に抱きしめたら、
案の定涙が溢れてきた。
ひとしきり泣いて落ち着いて、”もう大丈夫”って思った。
もう、抱いても大丈夫、って。

心の拠り所。どこでも良い。何でも良い。
暖かさを取り戻せれば、それで。

|

« その日① | トップページ | その日② »

コメント

らうさん。お久しぶりです。前に一度コメントさせていただいたKAYです。
突然の話でびっくりしています。
体の方は大丈夫ですか?

実は私も2度流産しているんですよ。
今はきっと悲しみの中にいるんでしょうね。
でも自分を決して責めないで下さいね。

昔、私の母がなくなった時に人に言われたことがあります。
「そんなに悲しがってばかりいるとお母さんあなたのことが心配で天国に行かれないよ。」・・・って。
今は無理かもしれないけれど、もう少し落ち着いたら
赤ちゃんに「私のところに来てくれてありがとう。
少しの間だけれどとっても幸せだった。
また会おうね。」って言える日がくること祈ってます。

らうさん。今は自分のことめいっぱいいたわってあげて下さいね。何だか気の効いた言葉が書けなくてごめんなさい。

投稿: kay | 2006年12月14日 (木) 23:19

お久しぶりです。(^^)

昨日の激痛を境に、体調は随分回復してきました。
まだ出血は続いていますが、頓服も終わったので、
一段落したのかなーと思っています。

kayさんも2度流産されてるんですか?
もし宜しければ、その後のお話を聞かせて頂けませんか?
今現在、お子さまはいらっしゃるのでしょうか?
こんな時はやはり、経験された方の言葉が聞きたくなります。

そう。ホントにその通りなんですよね。
短い間でも、命をお腹に宿すことができたと言うことが、
実はとても奇跡的で素晴らしいことだって。
長く不妊治療をされている方に、
”妊娠できただけ幸せじゃない”と言われたことがあります。
確かにその通りなのかも知れないのですが、
人間って、次から次へと欲が出てしまいますよね。

儚かった小さな命のことを考えると、
必然、自分の命だって、この世に存在してることは奇蹟なんだ、
って思えてきますね。
色んなことを考えさせてくれ、気付かせてくれてるんだと、
見方を変えれば、悲しいことばかりじゃないんだと思えます。

kayさんの言葉は充分暖かく、とても嬉しいです。
ありがとうございます。(^^)

投稿: らう | 2006年12月15日 (金) 09:22

この記事へのコメントは終了しました。

« その日① | トップページ | その日② »