« 夫 | トップページ | その日③ »

2006年12月17日 (日)

沈みがち

前回も今回も、流産はワタシのせい。
その意識をちゃんと刻みつけておこうと思う。
事実は分からないけど、無理した自覚がある以上、
赤ちゃんのせいにして納得しようなんて、虫が良すぎる。
ワタシにも責任があるって、ちゃんと認めよう。
次に産まれる命のためにも。

昨日、久しぶりに外食した。美味しかった。
その後、久しぶりに街をぶらついた。手をつないで。
ケーキを買ったりゲームを買ったり、楽しかった。
そんな日常に戻ったことを、いちいち切なく感じる。
もし妊娠継続していたら、
外食も、買い物も、料理もしてないだろうなーって。
事実は事実で受け止めてるけど、
心の底に暗くて重たい物が溜まってしまってるのも事実。
それとちゃんと向き合って、非を認め、反省しないと。

今年の12月は、例年に比べて晴れる日が少ないらしい。
原因は、夏の高気圧がまだ南の海上に居座っていて、
冬の高気圧とぶつかっている境目に前線ができて、
それがちょうど日本列島の上に停滞してるかららしい。
夏の高気圧が強すぎるのか、冬の高気圧が弱すぎるのか。

ワタシは太陽が大好きなので、晴れ間が出ないと気分も沈む。
洗濯物もすっきり乾かないし。
冬の高気圧に頑張って欲しい。
そうすると、きっと寒さも増すだろうけど、寒いの嫌いじゃないし。
身が引き締まるくらいの冷たい空気って、結構好き。

心の底の沈殿物、太陽が出ない、出血が止まらない。
マイナス要素ばかりで、ちょっと気分が沈んでる。

|

« 夫 | トップページ | その日③ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。