« 喪失感 | トップページ | 繋がり »

2006年12月13日 (水)

ゆっくりゆっくり

最初からこうなることが決まってたみたいに

”14歳の母”の主題歌、ミスチルの”しるし”。
このフレーズが、ずっと頭の中を廻ってる。

記憶が鮮明なうちに記録したそれは、
大学ノート11ページにもなった。
思い出すのは辛かったけど、
泣きながら書いた甲斐があった。
感情も言葉も、まだちゃんと覚えてた。
ここに書き写すとき、また色んなことを追加で思い出して、
涙しながらキーを叩くかも知れないな。

アップするときは、一気に書こうと思う。
然るべきタイミングに。

人間は、痛かったこととか辛かったこととか、
自然と忘れるようにできてるらしい。
覚えていても、現実のショックより数段低いらしい。
そうやっていかないと、生き続けることが難しいから。
そのくらい、生きていくことには苦痛が付き物らしい。
確かにね。

夜が辛いかな。
自然と涙が溢れてくる。
なんでなんだろうね。夜、センチになるのは。
これもきっと精神学的には解明されてるんだろうな。
なんとかホルモンの関係で、とか。

久しぶりに青空を見た気がする。
今週は、天気が目まぐるしく変わるらしい。
晴れ間を狙って、溜まった洗濯物を片付けなきゃ。
買い物にも行ってきたいな。
少しずつ、外気に慣れないと。
喪失感を埋める物を見つけるのには、
もう少し時間がかかりそうだけど。
焦らずゆっくりね。
失くした物が大きい分だけ、埋める時間もかかるから。

|

« 喪失感 | トップページ | 繋がり »

コメント

はじめまして。読ませて頂きました。
私も先週進行流産を経験しました。春に結婚して、最初の子でした。流れていったのはものの数分の出来事で、何が起こったのかもその時は良くわかりませんでした。
残念な結果になってしまったけど、短い間でも楽しかったし、生命の不思議さを実感できて良い体験だったと、落ち着いてきた今なら思えます。
らうさんと比べたら私なんて辛い不妊治療をしてるわけでもないですから、気軽に「気を落とさないで」とか「ガンバレ」なんて言えません。十分頑張っておられるのですし。
なんとか踏ん張って、お互い赤ちゃんに会えると良いですね。それではお体を大事になさって下さい(*゚ー゚)ノ

投稿: あや | 2006年12月13日 (水) 08:43

初めまして。(^^)

経験された方の言葉は、ホントに暖かく、嬉しいです。
体の痛みだけでなく、心の痛みって、
実際経験してみないと分からないことも多いし。

”進行流産”と言う現象を良く知らないのですが、
どんな形にせよ、宿った命を失うことは本当に辛いですよね。
いくら”初期流産は胎児側の原因”と言われても、
ふと自分を責めてしまったりして。
しかもワタシは2度目なので、ちゃんと検査した方が良いかな?
とも思っています。

あやさんも、流産されてまだ間もないとのことですので、
この時節柄、お身体ご自愛下さいね。
これからも、もし宜しければ遊びに来て下さいね。(^^)

投稿: らう | 2006年12月13日 (水) 11:24

進行流産は、あっという間にお腹の中のモノ(って言ったら表現が変ですけど)が出てしまい、空っぽになってしまうのです。薬を使っても何をしても、もう助けることができない状態です。

私はいわゆる新婚なんですが、年齢がいわゆる高齢なので(笑)、次がとても心配です。もう妊娠できないかも知れないなあ、と本当に思っています。

私は元来、痛みにとても弱い人です。それでも、体の痛みは日に日に薄れ、昨日あたりからようやく落ち着いてきました。それとは反対に、体の痛みが取れてきたので考える時間が増えたせいか、心の痛みは日を追うごとに大きくなってきてるような気がします。

立ち止まってもいい、ゆっくりでいい、歩くことをやめないで、体勢を立て直しましょうね。(´ー`)

投稿: あや | 2006年12月13日 (水) 14:29

神様は、その人に耐えられない苦痛は与えない。
そんな言葉を聞いたことがあります。
焦らずゆっくり。体は必ず回復するから。
頭では分かっていても、心が追いついてこない。
特に夜は、気付くと涙が溢れてくる。
思い通りにならない、苦痛ばかりの体が疎ましく思える。
仕事で疲れて帰ってきてるのに、キッチンに立つ夫。
背中を見てると、本当に申し訳なくて。

ワタシはそんなに強くない。

でも、これが現実なのですよね。
逃げることはできない。越えるしかない現実。

年齢の縛りは、ワタシも感じています。
出産自体は勿論だけど、子育てできるだろうか?って。
元々健康優良児というわけではないので・・・。

生きてるだけでめっけもん。
手があって足があって顔があって体があって。
それだけで充分じゃない、って、
最近、若くして亡くなった知人に言われてる気がして、
そうだよね、って頭では分かるけど・・・。

何が辛いって、生きてることが一番辛いのかも知れないですね。

投稿: らう | 2006年12月14日 (木) 13:20

この記事へのコメントは終了しました。

« 喪失感 | トップページ | 繋がり »