« 初診~IVF1周期目 | トップページ | 2回目の卵胞チェック »

2006年11月 2日 (木)

卵胞チェック

2006年9月14日 生理周期8日目(IVF2周期目)

プラノバールもセロフェンも、殆ど副作用は無かった。
人によっては色々症状が出るみたいだけど。

指示通り、午前中にクリニックへ。
予定では、8日目・10日目・12日目と通院&注射。
最初に内診。卵胞チェック。
モニターには、丸々と大きくなった卵胞が・・・。
ざっと見て、3個はある。取り敢えず良かった。
3個もあるんだから、1個くらい卵子が採れるよね?なんて。
”この後血液を採って、結果を9階で待って下さい”って言われた。

採血検査を待って診察室へ。
”順調に大きくなってますね。
取り敢えず今日は、注射を打って帰って下さい”とのこと。
打たれた注射は”日研50mm”とか言うやつ。
”肩とお尻、どちらが良いですか?”と言われ、迷わずお尻に。
以前、黄体ホルモン補填の注射をされたことがあって、
その時、肩は物凄く痛みが残ったのを覚えていた。
で、それ以降、筋肉注射はお尻と決めていた。

余談だけど、筋肉注射って、どうして痛いんだろうねー。
思わず握り拳するほど痛かった。
筋繊維って、やっぱり異物が入りづらくなってるんだろうか。
お尻のほっぺなんて、ぷよぷよしてるだけなのに。
これをあと2回は受けることになるのかと思うと、ちょっとブルー。

この日、お会計は無し。
前回の採卵の時、基本料金(?)みたいなのを取られて、
その余剰分を割り当てられるから、らしい。
なんか変なシステム。
次は2日後。

|

« 初診~IVF1周期目 | トップページ | 2回目の卵胞チェック »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。