« 欲 | トップページ | 体調の変化 »

2006年11月27日 (月)

その後

3日ぶりにパソコンの電源を入れた。
過度な情報収集をやめようと決めてからも、
1日、最低1回は電源を入れていた。
メールチェックとか、あるし。
でも、この3日間は、書斎にすら殆ど入らなかった。

理由は出血。
金曜日の夜、トイレに行くとペーパーに鮮血が付いた。
”赤いオリモノ”と言った方が近いかも知れない。
血の気が引き、暫く立ち上がれなかった。
夫に、”また出血してる・・・”と告げると、
”そうなんだ”とだけ言って、自分の晩御飯の支度を始めた。

思えば、クリニックに行くと毎回出血する。
移植の日、判定の日、胎嚢確認の日は茶オリが出た。
前回の心拍確認の後、お腹が張って血の筋が出た。
今回は、前回より量が多かったから、ホントに焦った。
翌土曜日には茶オリになり、その夜に完全に止まった。
まだ少しお腹の張りが部分的に残ってる感じだけど、
出血以来便も出なくなっちゃったので、その影響もあるだろう。
なるようにしかならないし、余り考えないようにしてる。

緊張がピークの状態でクリニックに行き、
大体2時間くらい、座ったままの状態で待たされる。
少なからず体に負担がかかるんだろうなーって思う。
でも、行かないわけにいかないしね。
定期的な検診は、不妊治療を受けてる人達だけじゃなく、
妊娠したらみんなやってることだから。
そう考えると、ワタシは出血しやすいのかな?って思う。

昨夜は久しぶりにお風呂の入った。やっぱりお風呂は気持ち良い。
出血してるとき、湯船に浸かると血流が良くなり過ぎて、
出血が酷くなるのでやめて下さい、と、
移植した後、看護士さんに言われた。
だから、茶オリとか出血があったときは、
それが完全に止まるまでお風呂には入らない。
多少の気持ち悪さは我慢する。

つわりが少し軽くなった気がする。
つわりって、弱くなったり強くなったりするものらしい。
ずーっと無かった人が、安定期に入っていきなり始まる、
なんてケースもあるって聞いた。
つわりがある=妊娠継続してる、
つわりがない=流産するってわけじゃないらしい。
だからそれも、余り気にしないようにしてる。
日々体調が変わるので、それに合わせて生活してる感じかな。

土曜日の夕方、DSライトが届いた。
待ちに待った、って感じなので、ほんっとに嬉しい。
”もっと脳トレ”と”マリオブラザーズ”が一緒に届いた。
早速”脳トレ”をやってみたら、なんと実年齢より7歳も若かった。
先月までやっていた仕事は数字を見ることが多かったので、
そのせいかな?って思う。
マリオは、テレビゲーム時代に初代にはまったのを覚えてる。
随分精巧で難しくなったなー。
ちょっと始めると、あっと言う間に時間が過ぎる。
余計なことを考えなくて済むけど、結構疲れるので、
やりすぎには気を付けないと。

出血は止まったけど、お腹の中は見えないので、
現状、どうなってるのかは全く分からない。
腹痛とか出血とかが酷くならない限り、
生きていてくれてるものだと思うしかない。
前回流産したのが今くらいの時期だった。
”あの時とは違う”って自分に言い聞かせながら、
次の検診を無事に迎え、
両方の両親に報告できることを楽しみにしてる。
そんな風に、不安と闘いながら毎日を過ごしてる。

笑うことは体に良いと言われてる。
実際、余命宣告された人がそれ以上に生きたり、
究極、病気自体を克服したりすることがあるらしい。
人間は、ホントは辛いときほど笑った方が良いらしい。
でも、それって無理がある。

心の底から笑うのがベストだけど、実は、
”笑ったふり”、”作り笑い”でも充分効果があるらしい。
”笑った顔”をする事によって、それによって動く筋肉を、
脳が”笑ってる”と判断し、快楽ホルモンを分泌する。
そのホルモンが、病気を撃退するから、らしい。

ワタシはずっと、それを実践してる。
不安なとき、口角をぐぐっと上げてみる。
ほっぺたの筋肉が疲れるまで、結構長く。
その状態で、深呼吸してみる。
人間は、悩んでいるとき、呼吸が浅くなるらしい。
だから、溜息は、ホントは凄く良いことなんだって。
体に充分酸素が行き渡らないと、体温が下がって、
より気分が沈むらしいから。

口角を上げ、背筋を伸ばし、深呼吸する。
そうやって自分の気持ちをコントロールすることも、
きっと大切なことなんだろうな。

|

« 欲 | トップページ | 体調の変化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。