« 基礎体温 | トップページ | ダメかな~ »

2006年11月 6日 (月)

胎嚢確認

余りすっきりしない気分で帰宅。

判定日同様、2桁台を目指して5時半起き。
受付開始時間ちょうどにクリニックに到着。
9階に上がると、やっぱりエレベーター前に長蛇の列。
受付番号は40番台。
前回と時間はさほど変わらないのに40人も違う。
やっぱり休みの日は混むのねー。

いざ内診。もうドキドキ。
”出血は止まってますか?”って聞かれて、”はい”と答える。
”じゃ、見ますよ~”と。
見えますように、見えますように、と祈る気持ち。
そんなワタシの目の前に先ず飛び込んできたのは、
良い具合に尿の溜まった膀胱。で、でかい。
肝心の胎嚢は・・・、み、見えない?見えないよ??

”えっと、あ、これが胎嚢です。見えますか?”と先生。
ど、どれ?どれが胎嚢?え?これ?これが胎嚢??
”大きさはー、3mmですね~”って。
計測の”+”印が出てきて、初めてそれだって分かった。
それにしても薄いというか、小さいというか・・・。
”はい、良いですよ~。前で待ってて下さいね”って。

診察室に呼ばれると、写真を見せられて、”これが胎嚢ね”って。
”ちゃんと見えてるし、ほにゃほにゃほにゃ(良く聞こえない)なので、
血液検査はしなくて大丈夫でしょう。
次は赤ちゃんが見えると思いますよ~”って。
急いで写真をしまい、”ありがとうございました”と診察室を出た。
廊下には、沢山の患者さん達が座ってる。
みんな色んな事情や症状を抱えてるはず。
自分にとっては嬉しいことも、他の人には不快かも知れない。
だから、嬉しいことも表面に出さないのがルール。
特にここは不妊専門のクリニックなんだから。
・・・って、同じクリニックに通う人のブログに書いてあった。
なので、ワタシも極力気を付けるようにしてる。
エコー写真を見ながら診察室を出るなんて、以ての外だ。

そう言えば、先生の声もワントーン低かった気がする。
隣が内診室で、声が筒抜けだからかも知れない。
判定日の先生はそんなのお構いなしだったけど。

しかし、それからずーっと、なんだか釈然としない。
途中で写真を引っぱり出すわけにも行かず、
悶々としたまま帰宅。
今も見てるんだけど、ホントにこれ?って感じで。
大きさも、3mmじゃちょっと小さい気がするんですけど・・・。

ま、気にしてもしょうがないよね。
取り敢えず見えたんだから、それで良しとしないと。
・・・と、自分に言い聞かせてみたりして。

血液検査が無かったお陰で、家を出てから家に戻るまで、
正味2時間半ってとこだった。
お会計もスムーズだったし。
午後はもっと空いてるって言うけど、
朝から悶々と過ごすのは性に合わないので、
やっぱりワタシはこれからも朝一で出かけると思う。

ちょっと不安が残ったけど、信じるしかないな。

内診 4,000円(た、高い!)

|

« 基礎体温 | トップページ | ダメかな~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。