« 生きてます | トップページ | 今度こそ(心拍確認) »

2006年11月22日 (水)

無題

余りに突然のことで、俄には信じられませんでした。
あの日、挨拶程度に交わした言葉が最後になるなんて・・・。

身近な人を亡くした喪失感は計り知れない。
しかも、40前半の若さで逝ってしまうとは。
最後まで一緒に仕事ができなかったことが悔やまれます。

”生きてるだけでめっけもん”
ホントにそうだなーって思った。
この世に生を受け、こうして生き続けていることこそ、
ホントは一番尊くて、奇蹟的なことなのかも知れない。

2年という短い間でしたが、貴女の人生に関われて良かった。
少なからず辛かったであろう闘病生活から開放され、
今頃きっと、大好きなガーデニングや家庭菜園を
思う存分やってることでしょう。
どうぞ、安らかにお眠り下さい。
貴女に出会えたこと、本当にありがとうございました。

|

« 生きてます | トップページ | 今度こそ(心拍確認) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。