« 判定日 | トップページ | IVF3周期目 »

2006年11月 2日 (木)

IVF2周期目

振り返ってみて。

できるだけ、夫と一緒にクリニックに行きたくないと思った。
採卵も、卵が採れてから連絡して来てもらえばいいかな、とか。
夫の往生際の悪さというか、子供っぽさに閉口したから。
こんな人と一緒にいたら、ワタシまで気分悪い、って。

確かにね、あの混み様は尋常じゃないと思うよ。
半分は座れずに立ってるし。
そんな中、3時間も4時間も待たされるのも大変だと思う。
でも、そんなこと分かってたことだし、夫は1日だけ。
ワタシは周期内に、最低5日は行かなきゃいけない。
なのに夫は、”できれば来たくないな”なんて言い放った。
不妊治療を始めることは、このクリニックに通うことは、
二人で話し合って決めたことなのに、どうして腹を括れないんだろう。
なんでこんな人の子供を産むんだろう、って、
なんでワタシだけ痛い思いしなきゃいけないんだろう、って、
腹立たしいより情けなくなった。
夫婦の温度差って言うより、人間性だな、って思った。
二人の子供が欲しくて頑張ってるのに、
夫の嫌なところばかりが露呈してくるなんて、本末転倒だな。

それでもね、排卵した、とか、受精した、とか、分割した、とか、
本来ならばきっと、殆ど意識することなくお腹の中で行われること、
それを、ひとつひとつドキドキしながら確認して進んでいく。
合格発表を待つ、まな板の上の鯉状態。
自分の力じゃどうにもならないことに一喜一憂して。
でもね、思ったんだ。だからこそ、とっても愛おしく思える。
頑張って受精して!とか、頑張って分割して!とか、遠くの空から祈る。
ワタシの卵子と夫の精子が無事に出会って、ひとつの命になろうとしてる。
なんて神秘的で、なんて素敵なんだろう、って。
だからやっぱり、ワタシは子供が欲しい、って。

この頃から、仕事を辞めたいと思い始めた。
ワタシは元々一球入魂タイプ。
治療のスケジュールは、直前にならないと決まらない。
シフトを決めても、あとで動かす必要性が出てくる。
それを考えるのが凄くストレスに感じてきた。
当初は、仕事をしながら治療をしたいと思っていたし、
妊娠しても続けようかな、とまで思っていた。
でも現実はそんなに甘くなかった。
勿論、仕事と治療を両立してる人も沢山いるけど、
ワタシはダメだと思った。
複数のことを一遍に考えられない。割と不器用だから。

仕事を辞めることを視野に入れ、今後のことを考えようと思った。
次にクリニックに行くのは、生理周期13日目。

治療費

生理周期8日目(内診・注射) 0円(預り金から相殺)
生理周期10日目(内診・スプレキュア処方) 2,040円
※ただしスプレキュアの代金は、移植時に請求されるとのこと
採卵 40,680円
胚移植 341,344円
判定日 7,350円

|

« 判定日 | トップページ | IVF3周期目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。