« 採卵決定 | トップページ | 卵胞チェック »

2006年11月 2日 (木)

初診~IVF1周期目

振り返ってみて。

”IVF1周期目”って言えるかどうか分からないけど、
初診から採卵まで、20日足らずだった。
それがまず、凄かったなーと思ってる。
このクリニックは、”最後の砦”って言われてる。
何年も、どこへ行ってもできなかった人が
最後に訪れるクリニックだ、って。
でもワタシは、どうして最初にここに来なかったんだろうって思った。
こんなに合理的に必要検査を短期間でやってくれて、
もっと早く来ていたら、もっと早く原因も分かったのに、って。

とにかく、ここに決めて良かったと思ってる。
病院って相性がある。それは仕方ない。
”事務的”とか”不親切”とか”冷たい”って評価もあるけど、
ワタシには寧ろ、そんな雰囲気が合ってる。
原因を突き止め、とにかく1日でも早く子供が欲しい。
心のケアを全く求めてない。
それは寧ろ夫に求めたい。それが本筋だと思うし。

不妊治療って、どうしても夫婦間に温度差が生じる。
男性不妊の場合はちょっと違うかも知れないけど、
結局、痛い思いをするのは女ばっかり。
だからうちの夫だって、”種なし”なんて言えるわけだし。
そんなの、自分が原因で、もしワタシがそんなこと言ったら
即離婚問題だと思う。
自分で言われたらショックなくせに、人には平気で言う。
無意識に口をついて出ちゃうなんて、意識が低すぎる。

できるだけ温度差を埋めたいと常に思ってる。
だって、妊娠がゴールじゃないもの。
その後何十年も、夫と一緒に育てていかなきゃいけない。
ただでさえ、実際にお腹に宿し産み落とす女に対して、
結果的に”何もしなかった”男の間には温度差がある。
だからこそ、感じたこと、思ったことはその都度伝える努力をしてる。
できるだけ夫の機嫌がいい時を見計らって。
はぁ、面倒。

夫はワタシの第一子だと自分に言い聞かせてる。
この人を一番大切にしないと、子供を大切に思ってくれない、って。
極論かも知れないけどね。
あとは、夫を当てにしないで子育てしようって思ってる。
働いてお金を稼いでくれるだけで充分、って。
夫がいるから、ワタシは仕事をそこそこに治療ができる。
そのことに、まず一番に感謝して、他に期待をするのをやめよう、って。

この考え方は、不妊治療に関してだけじゃない。実は。
去年の夏、本気で離婚を考えた時、決めたこと。
期待するから、その期待通りにならなかった時、怒りを感じる。
人を変えるのは難しい。
この人はこういう人、って受け止めてしまえば、その方が楽。
でも、一緒に生活していく以上、言いたいことは言おう。
伝えなきゃいけないことは伝えていこう。
でも、それでその人を変えようと思うのはワタシのエゴ。
伝えること、そのこと自体に意味があるんだから、って。

だから、”種なし”のことも後でちゃんと釘を刺した。
休日の昼間、得意のイタリアンランチをテーブル一杯に用意し、
昼間っからワインなんか開けちゃった食卓で。
”あれはないよ。自分が言われたらどう?
いくらワタシでも傷ついたよー。
でもね、悪気がないことは分かってたから、
ついつい出ちゃったんだろうなーってことは分かってたから、
だから何も言わなかったんだけど、でも二度と言わないで”って。
勿論、声色だって優しめに。
そう、まるで、子供に言い聞かせるように穏やかに。

夫は素直に謝ってくれた。
”そんなこと言ったっけ?そりゃあんまりだな。ごめんごめん”って。
やっぱりね。自覚すらなかったってわけよね。

前途多難。次も採れなかったらどうしよう。
ワタシの体は子供が産めないってことになる?
ちゃっちゃっと体外受精して、ちゃちゃっと産んじゃって、なんて、
実は結構安易に考えてただけに、かなり打ちのめされた。
大体空砲なんて・・・。
原因が分かって良かったって気持ちと、不安な気持ちと、
でも、やるべきことが分かっている安心感と、
なんだか色々勉強になった1ヶ月弱だった。

治療費用

初診(問診・血液検査・精液検査・内診)  18,158円
卵管造影検査  7,885円
ヒューナーテスト・採卵(空砲)  23,575円

|

« 採卵決定 | トップページ | 卵胞チェック »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。